雨は良いもの?悪いもの?

最近はよく雨が降りますね。秋の長雨とはよく言ったものです。台風も近づいているので、心配です。

雨に関して『慈光』の中に興味深い記事があったので、ご紹介します。

ーーー「雨が降る」という事実は変わりませんが、その雨をどう捉えるかによって、その解釈が全く変わってしまうのです。

例えば同じ雨でも、旅行の予定日に雨マークがついていたら気分が滅入りますが、田んぼに水が必要だと思った翌日に雨マークがついていたら気分は高揚します。

このように、私たちは日々起きる出来事に、その都度自分なりの解釈を与えて、自分勝手に楽しくなったり、不機嫌になったりしています。

つまり私たちが、良い気分になったり、悪い気分になったりするのは、誰かのせい、何かのせいではなく、自分のせいなのです。

自分がその出来事に対して、どのような解釈をするかによって、得られる感情を選択しているのです。
このことは、誰かに望ましくない言葉をかけられた時でも同じです。

嫌なことを言われて腹が立つ!と怒ることもできますし、あんな事を言っていたら誰にも相手にされなくなってしまうと哀れむ事もできます。

目の前の出来事に対してどのような解釈を与えるのか。それによってどのような感情が得られるのかが決まります。
【自分の心は自分が決める】
この道理が分かると、せちがらい世の中も若干過ごしやすくなるものです。ーーー
慈光2015年8月号より

面倒くさくて、何もやりたくないときは

福厳寺の朝の香り

関連記事

  1. なぜ法事をするの?(動画)

    大切な人が亡くなったあと、残された家族は、一周忌・三回忌・七回忌と法事を行いますが、「なぜ年忌法事を…

  2. 行事報告:福厳寺の花まつり(平成27年4月8日)

    福厳寺に隣接する太陽幼稚園の子供たちやお母さん方、そして福厳寺の花まつりに是非参加したいという大勢の…

  3. 今年も、春のアーチができました

    先日の4月8日、朝から福厳寺の境内では元気な声が聞こえていました。隣接する太陽幼稚園の入…

  4. 見直されるべきお盆3つの教え(動画)

    お盆になると、盆踊りや、灯籠流し等のお盆の行事が各地で行われますが、そもそもお盆とは何なんでしょうか…

  5. 【慈縁の会】第1回活動報告:温かいご縁がつながりました

    慈縁の会が動き始めました先日の6月3日(土)、福厳寺慈縁の会の第1回目が行われました。会…

  6. 面倒くさくて、何もやりたくないときは

    仕事も食事を作ることも洗濯も掃除も・・・全部面倒くさくてやりたくないことがあります。あなたは…

  7. 福厳寺のお地蔵様

    手を合わせて、にっこり微笑むお地蔵様。実はこの写真、手作りのお地蔵様なのです。先日、福厳寺永…

  8. 裏切られるほど、相手を愛おしく思う

    福厳寺の御本尊は、聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)です。一般的に「観音さま」といわれて…

PAGE TOP