命の大切さを心に刻んだ日

お寺にいると、想像もしないことに突然出会います。

ついこの間のことです。89歳で、福厳寺の受付に、ときどき元気な笑顔を見せて
くださっていたOさん。Oさんが突然、亡くなられたのです。

この間、お盆のお施餓鬼法要のときに、お元気そうな笑顔でお話したばかりでした。

「毎日暑くてねぇ・・・」
「お身体大切にしてくださいね。またお話聞かせてくださいね」

と交わした言葉が最後になってしまいました。

Oさんはご主人が早くに亡くなられて、お話する相手がいなくて寂しいときも気丈に
振る舞い、毎日ご主人のことを大切に想って過ごしていらっしゃいました。ご自分で
大切に育てられたカボチャやジャガイモを食べきれないからと福厳寺へたくさん持って
きてくださったり、お話をしに福厳寺へこられることもありました。

とても穏やかな優しい方で、福厳寺職員でカボチャをいただいたとき、まるでOさん
ご自身が滲み出ているかのような優しい甘さと香りに感動したのを覚えています。

私も福厳寺へきて、住職より命の大切さについてお話を伺うことがよくあります。
命は本当に大切だと心に刻もうと思いますが、何事も起こらない日常につい意識が
ぶれてしまいます。

けれど、本当に大切な人の死を目の当たりにすると、痛いくらい感じます。

「明日、自分自身も目の前の大切な人も、生きている保証は必ずしもありません」

Oさんに、改めて大切なことを教えていただいた気がします。

福厳寺職員一同、ご冥福をお祈りいたします。

[福厳寺職員の気づきより]

 

彼岸慰霊祭〜「なぜ、手を合わせてお参りするの?」

振り返れば、命の温かさを教えていただきました

関連記事

  1. 見直されるべきお盆3つの教え(動画)

    お盆になると、盆踊りや、灯籠流し等のお盆の行事が各地で行われますが、そもそもお盆とは何なんでしょうか…

  2. 秋の七草

    一般的に春の七草はよく知られています。七草粥として食され、なじみがありますね。実は秋…

  3. 幻想的な風景に感動を覚えました

    一昨日の8月16日、夕方5時から毎年恒例の福厳寺送り火が開催されました。当初は雨の予報でした…

  4. 慈縁の会3回目のご報告

    「明日は晴れるかな?雨だったらどうしよう…」という心配をしながら迎えた、8月5日の土曜日。当…

  5. 戒名を変更できますか?

    昨年、95歳で大切なお父様を亡くされたKさんより、先日お電話がありました。「昨年亡くなった時に住…

  6. じっくり見ると、気づくこと

    この間までの桜の季節が通り過ぎ、今では福厳寺境内も新芽の緑で満たされています。春のピンクも良…

  7. お彼岸なので、お墓の掃除に

    今朝、福厳寺の山門へ続く通り道を歩いていると、一人の男性が一所懸命カメラのレンズを調節していました。…

  8. 「強くあること」の意味

    福厳寺には、黒のシバ犬「モモ」と、雑種「ウメ」の雌犬2匹がいます。春のぽかぽかした青空の下、…

PAGE TOP