観音様と虹

この夏の時期は小牧市、春日井もよく落雷があります。

この福厳寺にも落雷が何度か。。。

パソコンが全滅することもありました。

しかし、この落雷や、大雨が降った後の

空の美しさ、福厳寺の霊園に立つ観音様にかかる虹の美しさは

心を奪われます。

自然の猛威に人は苦しみながらも

自然の偉大さと美しさに魅了されます。

自然が美しいです。

この福厳寺には山の自然に恵まれ、

空を見上げれば、緑の木々の背景に真っ青な空が見えます。

空気の酸素の濃度は濃く、呼吸は楽になり、

自分の体が喜んでいることを実感できます。

540年の歴史のあるこの福厳寺。

なぜこの地に建てられたのか。

日本の寺院や神社には樹齢何百年、千年を超える木が生きていますが、

もしかしたら生命に力を与える場所に

寺院や神社があるのではないかと感じます。

なぜか元気が出るのが、福厳寺であり、

なぜか優しくなれるのが福厳寺です。

皆さんの心に元気と穏やかさを与える場所です。

これからこの福厳寺がたくさんの方のお力で、

たくさんの方の心のよりどころになるよう

美しさを保つ努力を地域の方と協力し皆で

作っていければと思います。

それにしてもこの虹ははっきり移り美しかったです。

 

今を精一杯生きる

福厳寺と竹灯籠

関連記事

  1. 修行がもたらす効果

    「修行」に本格的に取り組んだことがある人はあまりいないと思いますが、「修行」という言葉を聞くと、「私…

  2. なぜ、おじぎをするのですか?

    福厳寺にお参りに来た方に尋ねられたことがあります。「そういえば、どうしてだろう・・・」と考え…

  3. 行事報告:お盆の施餓鬼会(平成27年8月6・7・8日)

    本堂に集まったたくさんの会員さんやご家族が静かに見守る中、夕方6時から総勢9名のお坊さんたちによるお…

  4. じっくり見ると、気づくこと

    この間までの桜の季節が通り過ぎ、今では福厳寺境内も新芽の緑で満たされています。春のピンクも良…

  5. 仏さまにお花を飾るのは、大切な供養です

    夏場、お仏壇のある家は、おそらく悩みの種の一つではないでしょうか。お仏壇にお花を飾っても、す…

  6. 遊びと学びと体験がテーマ「山林部」活動報告

    山林部は子供も含め、13名でのスタートとなりました。最初は緊張されていらっしゃった表情も、晴れ晴れと…

  7. 「日本のお盆」にかくされた3つの意味

    木蓮尊者のお話は、今を生きている私たちが心がけたい教えを説いた例え話です。私たちは毎日、木蓮…

  8. 見直されるべきお盆3つの教え(動画)

    お盆になると、盆踊りや、灯籠流し等のお盆の行事が各地で行われますが、そもそもお盆とは何なんでしょうか…

PAGE TOP