裏切られるほど、相手を愛おしく思う

福厳寺の御本尊は、聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)です。

一般的に「観音さま」といわれています。

実は観音さまは、男性でも女性でもありません。「女性であってほしい」と願う人にとっては
女性になり、「男性であってほしい」と願う人には男性になってくださるそうです。

観音さまが大切にされていらっしゃる3つの言葉があります。

それは「知恵」と「慈悲」と「勇気」です。

中でも2つ目の「慈悲」という言葉のお話を福厳寺住職より伺う機会が多くあります。

「慈悲」というと難しく聞こえますが、簡単にいうと「友情」のことです。

自分と近しい特定の友だけでなく人間だけとも限らない、自然のすべて、虫や小鳥たちに
いたるまで、あらゆる命あるものを友として受け入れるということです。

福厳寺住職のお話を伺って、中でもとくに心に残っているお話があります。

それは、慈悲の「悲」という言葉の意味です。

「悲」とは、友の悩みやうめきを自分のものとして受け取る心。人の苦しみを我が身の苦しみ
として受け取る心という意味です。

大自然の喜びや悲しみにいたるまで、すべて自分のこととして受けとること。それは
「愛」に似ています。

しかし裏切られると憎しみに変わるような愛ではなく、「裏切られれば、裏切られるほど相手を
愛おしく思う大きくて深い愛」。

どんなに嫌なことが起こり、さまざまな悩みに押しつぶされそうになっても、「慈悲」の心を忘れず
人間らしい道を生きていきなさい。

心に何度も刻み込みたいお言葉です。

【福厳寺職員の気づきより】

なぜ、おじぎをするのですか?

そろそろ冬支度が始まりました

関連記事

  1. 福厳寺のお地蔵様

    手を合わせて、にっこり微笑むお地蔵様。実はこの写真、手作りのお地蔵様なのです。先日、福厳寺永…

  2. 行事報告:福厳寺秋葉大祭(平成26年12月14日)

    秋葉大祭の三本柱である「祈り・火渡り・祭り」のすべてを、大きく改革しました。福厳寺秋葉神…

  3. 幻想的な風景に感動を覚えました

    一昨日の8月16日、夕方5時から毎年恒例の福厳寺送り火が開催されました。当初は雨の予報でした…

  4. 行事報告:福厳寺の送り火(平成27年8月16日)

    8月16日(日)、福厳寺本堂で送り火が行われました。送り火とは、お盆の期間中帰ってきていたご先祖…

  5. なぜ法事をするの?(動画)

    大切な人が亡くなったあと、残された家族は、一周忌・三回忌・七回忌と法事を行いますが、「なぜ年忌法事を…

  6. なぜ、おじぎをするのですか?

    福厳寺にお参りに来た方に尋ねられたことがあります。「そういえば、どうしてだろう・・・」と考え…

  7. お仏壇の向きは?

    「お仏壇は北向きに向けない」とよくいわれることがありますが、どこに置いたら一番いいのでしょうか?…

  8. 振り返れば、命の温かさを教えていただきました

    2015年の夏、福厳寺へ1頭の雄ヤギが来ました。来たばかりの頃は、ずっと人の方を見ずにエサば…

PAGE TOP