行事報告:転読大般若祈祷会(平成27年1月3日)

小牧で最低気温がマイナス1度を記録した1月3日、今年も大変な熱気の中、恒例の「転読大般若」がとり行われました。
『西遊記』に出てくるあの三蔵法師が、長い年月をかけて翻訳した『大般若経』という仏典の中でも、最大規模の経典があります。「転読大般若」とは、その『大般若経』を読むことにより、参加者の幸福や世界の平和を祈る法要です。

お寺で行われている法要はすべて、既に亡くなられた方が、安らかに眠られるよう祈るためにあると思われているかもしれません。ですが、実はこの「転読大般若」は、今ここで生きている、私たち自身の幸福を祈る法要なのです。

全部で六百巻あるという壮大なスケールの『大般若経』。その百巻目に、仏法の守護者である四天王たちがこう言っています。
「大般若経を受け、称え、学び、内容を想い、書き写し、理解し、他人に説くならば、その人をよく守る。」

このことばを胸に、「転読大般若」をとりおこない、守護者たちの力をお借りし、広く世界平和と、皆様の幸せを御祈願いたしました。
1年間、心やすらかに生きることができますよう、みなさま来年も是非ご参加ください。


転読大般若祈祷会

日時:毎年1月3日14時〜
場所:福厳寺本堂
参加費:無料

行事報告:福厳寺秋葉大祭(平成26年12月14日)

お釈迦様の教え

関連記事

  1. 今を精一杯生きる

    私の好きな景色の一つに庫裏から見える庭園があります。先日、誰かに見られているような気がして振り返ると…

  2. 見直されるべきお盆3つの教え(動画)

    お盆になると、盆踊りや、灯籠流し等のお盆の行事が各地で行われますが、そもそもお盆とは何なんでしょうか…

  3. 日々、学ばせていただいています

    「珍しいですね、かわいい!撫でてもいいですか?」法要にみえる方々から毎週のように撫でてもらっ…

  4. 行事報告:福厳寺の花まつり(平成27年4月8日)

    福厳寺に隣接する太陽幼稚園の子供たちやお母さん方、そして福厳寺の花まつりに是非参加したいという大勢の…

  5. 門松の命が、再び

    お寺の山門には毎年立派な門松が飾られます。本年度は福厳寺境内を手入れしてくださる庭師さんに私…

  6. なぜ法事をするの?(動画)

    大切な人が亡くなったあと、残された家族は、一周忌・三回忌・七回忌と法事を行いますが、「なぜ年忌法事を…

  7. 今年も、春のアーチができました

    先日の4月8日、朝から福厳寺の境内では元気な声が聞こえていました。隣接する太陽幼稚園の入…

  8. 「当たり前」に甘えると

    食べるものがあって、仕事をすることができて、家に帰れば家族がいる。一見すると、これはごく当たり前…

PAGE TOP