福厳寺と竹灯籠

福厳寺の今年の送り火では500個以上の竹灯籠に火が灯されました。竹灯籠は竹を斜めに切り、その竹の中にロウソクを入れ、ロウソクに火をつけたものです。竹灯籠に点火をしたのは16時30分でした。まだ8月の時期ですと明るいので、この時間は目立ちませんが、19時頃になると竹の中の灯りがはっきりしていきます。あたたかい光が点在していきます。池の周辺に設置した竹灯籠は水に移り、不思議な景観になります。秋葉神殿へ向かう階段に設置した竹灯籠は滑走路のようになり導かれるように皆その階段を上り、手を合わせにいきます。私たちは蛍光灯の光は見慣れていますが、火の光を見る機会は少ないです。福厳寺には霊園、墓地があります。いずれは霊園や墓地にも竹灯籠に火を灯し、山の中にも安全面に考慮しながら、竹灯籠に火を灯したいです。ただ、竹灯籠を作成するのには竹を切る作業が必要で、これがとても一つ作るのに労力を使います。一つでも多くの竹灯籠を作り、たくさんの方に喜んでいただければと思います。

観音様と虹

仏さまにお花を飾るのは、大切な供養です

関連記事

  1. 行事報告:転読大般若祈祷会(平成27年1月3日)

    小牧で最低気温がマイナス1度を記録した1月3日、今年も大変な熱気の中、恒例の「転読大般若」がとり行わ…

  2. 「お墓開き」のお供えは?

    先日も、福厳寺の会員さんより問い合わせのお電話がありました。お墓開きは、亡くなられてから1周…

  3. 命のつながり

    自分の命の中に、もう1つの命がある。その命がしっかりと自分の意思を持って生きている。とても不…

  4. 「坊主丸儲け」って本当?お寺の職員が真実を語ります

    「大きい声では言えないけれど、実際そうですよね?」と思われている方も多いのではないでしょうか。ことわ…

  5. 慈縁の会3回目のご報告

    「明日は晴れるかな?雨だったらどうしよう…」という心配をしながら迎えた、8月5日の土曜日。当…

  6. 青の宝石

    お寺にみえた方を迎える石畳の道の両脇に、ひっそりと輝く青い宝石。先日、バケツに水を汲むために草む…

  7. 大切な故人の「魂」を受け継いで

    今から500年後、1,000年後、福厳寺は、こういうお寺でありたい。福厳寺では住職をはじめ、…

  8. 秋の七草

    一般的に春の七草はよく知られています。七草粥として食され、なじみがありますね。実は秋…

PAGE TOP