実りの季節

もうすぐ稲刈りの季節ですね。

福厳寺がある大草地区の田んぼも少しずつ稲が金色に輝いてきました。

農家の方は台風や大雨にヤキモキしながら、カレンダーとにらめっこしていらっしゃるのではないでしょうか。

私はこの季節が大好きです。

風に揺れるたわわに実った稲穂を見ていると心が落ち着きます。

日本っていいな…としみじみ感じます。

私たちが普段当たり前のように口にしているご飯。

でも、それは全く当たり前のことではなく、ここに至るまでの多くの方の苦労、労働があってこそです。

僧侶が食事前に唱える「五観の偈」の中に、この食事を頂くにあたり、携わって下さったすべての方に思いを馳せ、感謝するという一文があります。

私たちの見えないところ、気付かないところで、頑張って下さっている方々に感謝をしながら、一口一口味わって季節の恵みを頂きたいと思う今日この頃です。

振り返れば、命の温かさを教えていただきました

面倒くさくて、何もやりたくないときは

関連記事

  1. 福厳寺のお地蔵様

    手を合わせて、にっこり微笑むお地蔵様。実はこの写真、手作りのお地蔵様なのです。先日、福厳寺永…

  2. 日々、学ばせていただいています

    「珍しいですね、かわいい!撫でてもいいですか?」法要にみえる方々から毎週のように撫でてもらっ…

  3. 慈縁の会3回目のご報告

    「明日は晴れるかな?雨だったらどうしよう…」という心配をしながら迎えた、8月5日の土曜日。当…

  4. 行事報告:お盆の施餓鬼会(平成27年8月6・7・8日)

    本堂に集まったたくさんの会員さんやご家族が静かに見守る中、夕方6時から総勢9名のお坊さんたちによるお…

  5. お釈迦様の体が刻まれる!?

    命をいただくという意識「命をいただく」ということを、あなたは意識したことがありますか?私も福…

  6. お釈迦様の木のこと、ご存知ですか?

    お釈迦様がお生まれになったとき、悟りを開かれたとき、お亡くなりになられたとき。この3度のとき…

  7. 大切な故人の「魂」を受け継いで

    今から500年後、1,000年後、福厳寺は、こういうお寺でありたい。福厳寺では住職をはじめ、…

  8. 食材の命に感謝して「禅料理部」活動報告

    「食材の命に感謝をして、いただく」をテーマに始まった禅料理部。福厳寺に自生している野草や植物…

PAGE TOP