そろそろ冬支度が始まりました

福厳寺境内の山門のすぐ隣には、桃畑が広がっています。

毎年初夏になると、青々と細長い桃の葉が生い茂り、夏に近づくにつれて青い小さな桃の実が
だんだんピンク色に染まっていきます。

毎年6月から7月くらいの間は、甘い桃の香りが福厳寺境内に漂っています。

お寺の中にいても風に乗って桃の香りがふわっと漂ってくるので、とても幸せな気分になります。

けれど、たわわに実る桃も8月を過ぎるとだんだん終わりに近づいてきます。

そして今は、来年また大きくて甘い桃の実をつけるための大切な準備期間。

寒くなる冬に備えてでしょうか。今日の夕方、桃畑の脇を通ると、一本一本の木の根元には
たくさんの藁の束が置かれていました。

藁は寒さ対策だけでなく、雑草も防いでくれる効果があるのだそうです。

また来年も、甘くて美味しい桃の香りが福厳寺にもたくさん届きますように・・・

桃の季節が待ち遠しいです。

【福厳寺職員の気づきより】

裏切られるほど、相手を愛おしく思う

お釈迦様の木のこと、ご存知ですか?

関連記事

  1. 面倒くさくて、何もやりたくないときは

    仕事も食事を作ることも洗濯も掃除も・・・全部面倒くさくてやりたくないことがあります。あなたは…

  2. お釈迦様の体が刻まれる!?

    命をいただくという意識「命をいただく」ということを、あなたは意識したことがありますか?私も福…

  3. 裏切られるほど、相手を愛おしく思う

    福厳寺の御本尊は、聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)です。一般的に「観音さま」といわれて…

  4. 住職退任のご挨拶

    この度80歳になったことを期に、平成26年12月末日をもって住職を退任し、弟子元勝に譲位することに致…

  5. 月命日のお参り

    福厳寺には、会員さんみなさんの寺位牌をお祀りしている「千手堂」があります。千手堂に、毎月欠か…

  6. 日々、学ばせていただいています

    「珍しいですね、かわいい!撫でてもいいですか?」法要にみえる方々から毎週のように撫でてもらっ…

  7. お盆のお塔婆は、まだお焚き上げしてもらえますか?

    先日、福厳寺の会員さんよりお問い合わせのお電話がありました。福厳寺では毎年8月16日の17時…

  8. どこまでも奥深く、興味深い国インド

    二月の十六日〜二十五日までネパール・インドへ行って参りました。先住の悲願達成のため仏教八大聖地へ…

PAGE TOP