お父さんとお母さんの力

先日の日曜日、五歳の女の子がお父さんやお母さんと一緒にお参りに来ました。

難しい漢字がたくさん並んでいるお経本をお父さんの真似をして持ちながら、
お坊さんの長いお経をつまらなそうに足をバタつかせながら聞いていました。

けれど法要が終了した後、「本当に5歳?!」と思えるくらい丁寧にご本尊様の前で
手を合わせておじぎをしたのです。

すぐ近くで見ていて、その姿がとてもきれいでした。

「どうしてこんなにきれいな合掌礼拝ができるのだろう?」と不思議に思っていると、
お父さんやお母さんがきちんと丁寧にその子の前で合掌礼拝をしていらっしゃるのです。

お父さんやお母さんがやっていることをそのまま子どもは真似をするとよく聞きます。
本当にそのままコピーをしたかのようでした。

まだ5歳でお坊さんのお話やお経を聞いてもよくわからない年齢だと思います。けれど、
いろいろなことをお寺の中で感じていたみたいです。

帰り際、興味深そうに本堂の中を覗いたり、「お寺楽しかった」と、にこにこしながら
お話してくれました。

お父さんやお母さんの影響力は、大きいですね。

わずかお寺に来て30分の間に、変えてしまう力がありました。

【福厳寺職員の気づきより】

福厳寺の朝の香り

言葉のちから

関連記事

  1. 福厳寺の朝の香り

    福厳寺の本堂脇に応接室があります。応接室には大きな窓ガラスが両脇にあるのです。引き戸になって…

  2. 食材の命に感謝して「禅料理部」活動報告

    「食材の命に感謝をして、いただく」をテーマに始まった禅料理部。福厳寺に自生している野草や植物…

  3. ITを使って人生を楽しく!「パソコン・スマホ部」活動報告

    パソコン部は「ITを使って人生を楽しく!」をテーマに、パソコンやスマホの機能に振り回されるのではなく…

  4. 彼岸慰霊祭〜「なぜ、手を合わせてお参りするの?」

    昨日、福厳寺の墓地「第Ⅱ霊園」と「福聚苑」で、お彼岸の法要が行われました。毎年3月と9月の年…

  5. 実りの季節

    もうすぐ稲刈りの季節ですね。福厳寺がある大草地区の田んぼも少しずつ稲が金色に輝いてきました。…

  6. じっくり見ると、気づくこと

    この間までの桜の季節が通り過ぎ、今では福厳寺境内も新芽の緑で満たされています。春のピンクも良…

  7. 「命をいただく」ときに感じること

    ハンバーグ、焼肉、ラーメン、パスタ、ケーキ。これらの食べものには「命」があります。ついさっき…

  8. お供え(御霊膳レシピ)

    お供えするとき、忘れてはいけない大切なことそれは「故人への感謝の気持ち」です。今、自分たちが…

PAGE TOP