福厳寺のお地蔵様

手を合わせて、にっこり微笑むお地蔵様。

実はこの写真、手作りのお地蔵様なのです。先日、福厳寺永代供養の申込にみえた方が作ってきてくださいました。

今は毎日、福厳寺受付の窓口で、来山される皆さんをにっこり笑ってお迎えしています。

実は、福厳寺霊園には120体を超えるお地蔵様がいらっしゃいます。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、昔は医療が発達しておらず、7歳未満で亡くなる子がたくさんいました。お地蔵様は、そのような若くして亡くなった子の死後の平安を願い、その子供の親が奉納したものです。

福厳寺霊園に並ぶお地蔵様も、道行く子供たちからお年寄りまで、毎日皆さんを見守ってくださっています。

福厳寺霊園のお地蔵様は、赤いおかけを一体ずつ身につけていらっしゃいます。

このおかけは、色あせると替えてくださる方がいるのです。

昨年の冬、ちょうど福厳寺霊園の前を歩いていた時、70代くらいの女性の方と出会いました。

冷たい風が吹き荒れる中、一体一体お地蔵様のおかけを取り替えてくださっていたのです。

そのお姿に、心がとても温かくなったのを今でも覚えています。

きっと、今までを振り返ったとき、福厳寺霊園のお地蔵様にはいくつもの物語があるに違いありません。

またこちらのブログでご紹介したいと思いますが、お地蔵様の前を通ると自然に手を合わせたくなります。

静かに、手を合わせられているお姿を見ていると、とても心が落ち着きますよね。

福厳寺の受付のお地蔵様二体も、来山される皆さんをいつもにこにこ、見守っています。

 

【福厳寺職員の気づきより】