福厳寺のお地蔵様

手を合わせて、にっこり微笑むお地蔵様。

実はこの写真、手作りのお地蔵様なのです。先日、福厳寺永代供養の申込にみえた方が作ってきてくださいました。

今は毎日、福厳寺受付の窓口で、来山される皆さんをにっこり笑ってお迎えしています。

実は、福厳寺霊園には120体を超えるお地蔵様がいらっしゃいます。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、昔は医療が発達しておらず、7歳未満で亡くなる子がたくさんいました。お地蔵様は、そのような若くして亡くなった子の死後の平安を願い、その子供の親が奉納したものです。

福厳寺霊園に並ぶお地蔵様も、道行く子供たちからお年寄りまで、毎日皆さんを見守ってくださっています。

福厳寺霊園のお地蔵様は、赤いおかけを一体ずつ身につけていらっしゃいます。

このおかけは、色あせると替えてくださる方がいるのです。

昨年の冬、ちょうど福厳寺霊園の前を歩いていた時、70代くらいの女性の方と出会いました。

冷たい風が吹き荒れる中、一体一体お地蔵様のおかけを取り替えてくださっていたのです。

そのお姿に、心がとても温かくなったのを今でも覚えています。

きっと、今までを振り返ったとき、福厳寺霊園のお地蔵様にはいくつもの物語があるに違いありません。

またこちらのブログでご紹介したいと思いますが、お地蔵様の前を通ると自然に手を合わせたくなります。

静かに、手を合わせられているお姿を見ていると、とても心が落ち着きますよね。

福厳寺の受付のお地蔵様二体も、来山される皆さんをいつもにこにこ、見守っています。

 

【福厳寺職員の気づきより】

1年の計は、前年の暮れにある

門松の命が、再び

関連記事

  1. 行事報告:転読大般若祈祷会(平成27年1月3日)

    小牧で最低気温がマイナス1度を記録した1月3日、今年も大変な熱気の中、恒例の「転読大般若」がとり行わ…

  2. お仏壇の向きは?

    「お仏壇は北向きに向けない」とよくいわれることがありますが、どこに置いたら一番いいのでしょうか?…

  3. ITを使って人生を楽しく!「パソコン・スマホ部」活動報告

    パソコン部は「ITを使って人生を楽しく!」をテーマに、パソコンやスマホの機能に振り回されるのではなく…

  4. 戒名を変更できますか?

    昨年、95歳で大切なお父様を亡くされたKさんより、先日お電話がありました。「昨年亡くなった時に住…

  5. 福厳寺が心地よい理由

    薪ストーブが福厳寺寺務所に設置されて約1年が経過しました。薪は福厳寺の山に生えている木を伐採し、…

  6. 門松の命が、再び

    お寺の山門には毎年立派な門松が飾られます。本年度は福厳寺境内を手入れしてくださる庭師さんに私…

  7. 1年の計は、前年の暮れにある

    早いもので、今年ももう、残すところあと2ヶ月をきりました。昔から「一年の計は元旦にあり」と言…

  8. 命のつながり

    自分の命の中に、もう1つの命がある。その命がしっかりと自分の意思を持って生きている。とても不…

“大愚.com“
PAGE TOP