福厳寺のお地蔵様

手を合わせて、にっこり微笑むお地蔵様。

実はこの写真、手作りのお地蔵様なのです。先日、福厳寺永代供養の申込にみえた方が作ってきてくださいました。

今は毎日、福厳寺受付の窓口で、来山される皆さんをにっこり笑ってお迎えしています。

実は、福厳寺霊園には120体を超えるお地蔵様がいらっしゃいます。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、昔は医療が発達しておらず、7歳未満で亡くなる子がたくさんいました。お地蔵様は、そのような若くして亡くなった子の死後の平安を願い、その子供の親が奉納したものです。

福厳寺霊園に並ぶお地蔵様も、道行く子供たちからお年寄りまで、毎日皆さんを見守ってくださっています。

福厳寺霊園のお地蔵様は、赤いおかけを一体ずつ身につけていらっしゃいます。

このおかけは、色あせると替えてくださる方がいるのです。

昨年の冬、ちょうど福厳寺霊園の前を歩いていた時、70代くらいの女性の方と出会いました。

冷たい風が吹き荒れる中、一体一体お地蔵様のおかけを取り替えてくださっていたのです。

そのお姿に、心がとても温かくなったのを今でも覚えています。

きっと、今までを振り返ったとき、福厳寺霊園のお地蔵様にはいくつもの物語があるに違いありません。

またこちらのブログでご紹介したいと思いますが、お地蔵様の前を通ると自然に手を合わせたくなります。

静かに、手を合わせられているお姿を見ていると、とても心が落ち着きますよね。

福厳寺の受付のお地蔵様二体も、来山される皆さんをいつもにこにこ、見守っています。

 

【福厳寺職員の気づきより】

お葬式のとき、何をどのように準備したらよいですか?

永代供養に申込をしたら、福厳寺会員にならないといけないのですか?

関連記事

  1. お墓を持つことの意味

    今年のお彼岸は晴天に恵まれ、お墓参りをするにはちょうどよいお天気でしたね。お盆が過ぎ、再びお…

  2. お葬式のとき、何をどのように準備したらよいですか?

    「もう長くはないので・・・」「主人は5人兄弟の末っ子で、お世話になれるお寺さんがないのです。…

  3. 行事報告:秋の彼岸会(平成27年9月13日)

    9月13日の日曜日の午後、少し秋めいてきた穏やかな日差しが降り注ぐ中、福厳寺の彼岸会(慰霊祭)が行わ…

  4. 運気が上がる盆参りの作法

    もうすぐお盆ですね。13日の夕方、迎え火を焚いて、ご先祖さまを迎え、16日の夕方、送り火を焚いて、ご…

  5. 「整理整頓」本来の意味は?

    「整理整頓」とは、「きれいに片付ける」という意味だけではないことをご存知ですか?片付けを始め…

  6. 行事報告:お盆の施餓鬼会(平成27年8月6・7・8日)

    本堂に集まったたくさんの会員さんやご家族が静かに見守る中、夕方6時から総勢9名のお坊さんたちによるお…

  7. 命のつながり

    自分の命の中に、もう1つの命がある。その命がしっかりと自分の意思を持って生きている。とても不…

  8. 1年の計は、前年の暮れにある

    早いもので、今年ももう、残すところあと2ヶ月をきりました。昔から「一年の計は元旦にあり」と言…

“大愚.com“
PAGE TOP