お彼岸なので、お墓の掃除に

今朝、福厳寺の山門へ続く通り道を歩いていると、一人の男性が一所懸命カメラのレンズを調節していました。

その先には、真っ赤に咲く彼岸花。

どうやら彼岸花の写真を撮っていらっしゃったようです。

一昨日の9月20日、今年もまた秋のお彼岸に入りました。

先週末くらいから、福厳寺の山門へ向かう道の両脇にも、彼岸花の蕾がたくさん伸び始めました。

この時期になると、朝方からお墓参りにみえる方が目立ちます。

今朝も、お墓参りをしてきたのですよとお話されながら、法要の申込にいらっしゃった方がありました。

「暑くなくて涼しくなったから、とても助かるわ。お彼岸前なのでいつもより丁寧にお墓を掃除してきたのですよ。いつもはお花を変えてお線香を立てて終わりだけれど、今回は墓石も洗ったのですがなかなかきれいにならなくて・・・」とおっしゃっておりました。

墓石を洗うことまでは、なかなか普段やらないですよね。

汚れがよく落ちそうな亀の子タワシを使いたくなってしまうかもしれませんが、墓石を傷めてしまうので、使わないほうが良いそうです。

代わりに、よく汚れが落ちて墓石を傷つけないものが、メラミンスポンジです。

よく、「激落ちくん」っていうスポンジが売っていますよね。

激落ちくんのスポンジを小さく切って、墓石の彫り込みのところも優しくこすると、傷つけずにきれいに汚れが落ちます。

いつもより少しだけ、あなたもお墓を念入りにきれいにしてみてください。

きれいな心でお彼岸を迎えるために・・・

【福厳寺職員の気づきより】

台風の爪痕から教わったこと

次回は10月14日(土)9時~ですー第4回慈縁の会活動報告

関連記事

  1. 行事報告:三代忌法要(平成27年3月8日)

    3月8日に、毎年恒例の「三代忌」が開催され、多くの方にお参りいただきました。三代忌とは、福厳…

  2. 言葉がけ

    大切なご家族を亡くされ、お葬式が終わったあと、故人へのさまざまな想いが湧き出てくると思います。…

  3. 1年の計は、前年の暮れにある

    早いもので、今年ももう、残すところあと2ヶ月をきりました。昔から「一年の計は元旦にあり」と言…

  4. 台風の爪痕から教わったこと

    昨夜、猛烈な雨と風が吹き荒れ、建物が壊れないかとても不安な夜を過ごしました。そして今朝、福厳…

  5. 青の宝石

    お寺にみえた方を迎える石畳の道の両脇に、ひっそりと輝く青い宝石。先日、バケツに水を汲むために草む…

  6. 行事報告:福厳寺秋葉大祭(平成26年12月14日)

    秋葉大祭の三本柱である「祈り・火渡り・祭り」のすべてを、大きく改革しました。福厳寺秋葉神…

  7. 日々、学ばせていただいています

    「珍しいですね、かわいい!撫でてもいいですか?」法要にみえる方々から毎週のように撫でてもらっ…

  8. 「お墓開き」のお供えは?

    先日も、福厳寺の会員さんより問い合わせのお電話がありました。お墓開きは、亡くなられてから1周…

PAGE TOP