お彼岸なので、お墓の掃除に

今朝、福厳寺の山門へ続く通り道を歩いていると、一人の男性が一所懸命カメラのレンズを調節していました。

その先には、真っ赤に咲く彼岸花。

どうやら彼岸花の写真を撮っていらっしゃったようです。

一昨日の9月20日、今年もまた秋のお彼岸に入りました。

先週末くらいから、福厳寺の山門へ向かう道の両脇にも、彼岸花の蕾がたくさん伸び始めました。

この時期になると、朝方からお墓参りにみえる方が目立ちます。

今朝も、お墓参りをしてきたのですよとお話されながら、法要の申込にいらっしゃった方がありました。

「暑くなくて涼しくなったから、とても助かるわ。お彼岸前なのでいつもより丁寧にお墓を掃除してきたのですよ。いつもはお花を変えてお線香を立てて終わりだけれど、今回は墓石も洗ったのですがなかなかきれいにならなくて・・・」とおっしゃっておりました。

墓石を洗うことまでは、なかなか普段やらないですよね。

汚れがよく落ちそうな亀の子タワシを使いたくなってしまうかもしれませんが、墓石を傷めてしまうので、使わないほうが良いそうです。

代わりに、よく汚れが落ちて墓石を傷つけないものが、メラミンスポンジです。

よく、「激落ちくん」っていうスポンジが売っていますよね。

激落ちくんのスポンジを小さく切って、墓石の彫り込みのところも優しくこすると、傷つけずにきれいに汚れが落ちます。

いつもより少しだけ、あなたもお墓を念入りにきれいにしてみてください。

きれいな心でお彼岸を迎えるために・・・

【福厳寺職員の気づきより】

台風の爪痕から教わったこと

次回は10月14日(土)9時~ですー第4回慈縁の会活動報告

関連記事

  1. 雨は良いもの? 悪いもの?

    6月のある日曜日のこと。その日はいつものごとく法要が連続しており、たくさんの方々がお参りに来られ…

  2. キツネ

    ここのところ、福厳寺境内の中ではキツネをよく見かけます。朝、福厳寺の駐車場に車を止めようとす…

  3. 今を精一杯生きる

    私の好きな景色の一つに庫裏から見える庭園があります。先日、誰かに見られているような気がして振り返ると…

  4. 食材の命に感謝して「禅料理部」活動報告

    「食材の命に感謝をして、いただく」をテーマに始まった禅料理部。福厳寺に自生している野草や植物…

  5. 月命日のお参り

    福厳寺には、会員さんみなさんの寺位牌をお祀りしている「千手堂」があります。千手堂に、毎月欠か…

  6. お供え(御霊膳レシピ)

    お供えするとき、忘れてはいけない大切なことそれは「故人への感謝の気持ち」です。今、自分たちが…

  7. 「坊主丸儲け」って本当?お寺の職員が真実を語ります

    「大きい声では言えないけれど、実際そうですよね?」と思われている方も多いのではないでしょうか。ことわ…

  8. 門松の命が、再び

    お寺の山門には毎年立派な門松が飾られます。本年度は福厳寺境内を手入れしてくださる庭師さんに私…

“大愚.com“
PAGE TOP