お彼岸なので、お墓の掃除に

今朝、福厳寺の山門へ続く通り道を歩いていると、一人の男性が一所懸命カメラのレンズを調節していました。

その先には、真っ赤に咲く彼岸花。

どうやら彼岸花の写真を撮っていらっしゃったようです。

一昨日の9月20日、今年もまた秋のお彼岸に入りました。

先週末くらいから、福厳寺の山門へ向かう道の両脇にも、彼岸花の蕾がたくさん伸び始めました。

この時期になると、朝方からお墓参りにみえる方が目立ちます。

今朝も、お墓参りをしてきたのですよとお話されながら、法要の申込にいらっしゃった方がありました。

「暑くなくて涼しくなったから、とても助かるわ。お彼岸前なのでいつもより丁寧にお墓を掃除してきたのですよ。いつもはお花を変えてお線香を立てて終わりだけれど、今回は墓石も洗ったのですがなかなかきれいにならなくて・・・」とおっしゃっておりました。

墓石を洗うことまでは、なかなか普段やらないですよね。

汚れがよく落ちそうな亀の子タワシを使いたくなってしまうかもしれませんが、墓石を傷めてしまうので、使わないほうが良いそうです。

代わりに、よく汚れが落ちて墓石を傷つけないものが、メラミンスポンジです。

よく、「激落ちくん」っていうスポンジが売っていますよね。

激落ちくんのスポンジを小さく切って、墓石の彫り込みのところも優しくこすると、傷つけずにきれいに汚れが落ちます。

いつもより少しだけ、あなたもお墓を念入りにきれいにしてみてください。

きれいな心でお彼岸を迎えるために・・・

【福厳寺職員の気づきより】

台風の爪痕から教わったこと

次回は10月14日(土)9時~ですー第4回慈縁の会活動報告

関連記事

  1. 彼岸慰霊祭〜「なぜ、手を合わせてお参りするの?」

    昨日、福厳寺の墓地「第Ⅱ霊園」と「福聚苑」で、お彼岸の法要が行われました。毎年3月と9月の年…

  2. 言葉のちから

    「おはようございます。よろしくお願いします!」朝、お寺に行って初めて職員同士が交わす言葉です…

  3. 門松の命が、再び

    お寺の山門には毎年立派な門松が飾られます。本年度は福厳寺境内を手入れしてくださる庭師さんに私…

  4. 今を精一杯生きる

    私の好きな景色の一つに庫裏から見える庭園があります。先日、誰かに見られているような気がして振り返ると…

  5. 青の宝石

    お寺にみえた方を迎える石畳の道の両脇に、ひっそりと輝く青い宝石。先日、バケツに水を汲むために草む…

  6. じっくり見ると、気づくこと

    この間までの桜の季節が通り過ぎ、今では福厳寺境内も新芽の緑で満たされています。春のピンクも良…

  7. 小雨が降った朝のイルミネーション

    福厳寺の境内の中は、自然が広がっているため蜘蛛の巣がたくさんあります。お寺にお参りに来る方か…

  8. 福厳寺とご縁を育む「慈縁の会」がスタートします

    2017年6月3日(土)9時より、いよいよ「慈縁の会」が始まります。「慈縁の会」とは、福厳寺…

“大愚.com“
PAGE TOP