スタッフ紹介

福厳寺 第30世(現東堂) 高瀬 武三(たかせ ぶさん)老師

takemi
この度80歳になったことを期に、平成26年12月末日をもって住職を退任し、弟子元勝に譲位することに致しました。
私の福厳寺在住の40年はまさに激動の時代でした。
急速に変化する社会情勢を見据え、檀家制度を会員制度に改め、点在する土葬墓地を新墓地に集結改葬し、伽藍や庭園を全面改築するなど、新時代に向けての土台作りに専念致しました。
すべては、広大な境内と伽藍を護持するための各家の負担を減らし、老若男女が安心して参拝できる、明るい寺を目指してのことでした。
昭和50年の住職就任以来、40年の永きに渡って大過なく任を果たすことが出来ましたのは、皆様のご協力のおかげと、感謝しております。
最後に後任住職への変わらぬご支援をお願いして、退任の挨拶と致します。
有り難うございました。 合掌 高瀬 武三

広瀬 知哲(ひろせ ちてつ)

僧侶×デザイナー

hirose 石川から小牧に来て、はや6年がたちます。
最初はお寺のこと、地域のことなど、わからないことだらけでしたが、この6年間で、方丈様、護持会の皆様、地域の方々に支えられて、たくさんのことを勉強させて頂きました。
また本年から新住職のもと、第二の故郷とも言えるこの地で、今後100年200年と続いていくであろう、歴史ある福厳寺のひとつの時代に関わらせていただけることを誇りに思います。
慈光の編集をはじめ、秋葉大祭や今後の福厳寺の活動をお知らせするさまざまな媒体のデザイン、編集を通して、皆様にわかりやすく福厳寺の今をお伝えできるよう、僧侶としても、デザイナーとしても、精進していく所存です。
今後ともよろしくお願い致します。

 平野 勝滋(ひらの しょうし)

福厳寺の自然のことならお任せ

hirano 昭和55年に愛知県名古屋市で生まれ、愛知工業大学を卒業後、住宅メーカー、自動車メーカー、代替医療関連事業、インターネットマーケティング事業にて社会経験を積みました。
その後福厳寺の住職高瀬元勝師との出会いをきっかけに、33歳の時に30世前住職霊峰武三師のもとで出家得度し、現在は僧侶として日々修行に励んでいます。
僧名は連峰勝滋。己の不甲斐なさゆえに迷いや葛藤と闘う日々ですが、今は多くの志を語るよりもこれからの生き方で己の道を示し、福厳寺の更なる繁栄に貢献したいと思っております。
若輩者では御座いますが、皆様よろしくお願い致します。合掌

大脇 英幸(おおわき えいこう)

歌うお坊さん

昭和56年生まれ。名古屋市出身、父は元県職員、母はピアノ講師、兄は文化事業団職員、妹はプロのシンガーソングライターです。
私は三人兄弟の次男で、小さい頃から音楽に囲まれて育ちました。
5歳からピアノを習い、中学、高校でギターと歌、大学時代はチェロに熱中し、社会人になってからは職場の同僚とコーラスをやりました。
いろんな音楽をしてきましたが、コーラスは自分にとって一番合っています。大好きな仲間と、声と声が合わさり、それがハーモニーとなって空間を漂う。こんなに生きがいを感じることは他にありません。音楽を思う存分楽しんで生きることができたのは、父と母のおかげです。感謝しています。

仕事は大学を卒業してから、営業職を転々としました。ITの営業、不動産、保険の営業、などなどです。
不摂生を続けたため、30歳で悪性の癌になりました。死を見つめることで、より音楽に対しての感じ方も変わった気がします。幸い早期発見だったため今はとても健康です。不思議なご縁があり、今は、福厳寺の僧侶です。

師匠からいただいた戒名は吟心英幸(ぎんしんえいこう)です。
毎日が穏やかで、幸せを噛みしめて生きています。31歳で結婚し、今は娘が1人います。私にそっくりです。福厳寺に関わっている方は皆、心が穏やかで、志の高い素敵な方ばかりです。お釈迦様の知恵を学び、多くの方に仏教の知恵に触れていただける機会や環境を作っていきたいと思います。

福厳寺の慈縁の会ではコーラス部を担当させていただくことになりました。
歌はとても健康にいいです。お寺の神聖な場所で、新鮮な空気を吸いながら、命、自然をテーマにした歌をみんなで歌います。音楽のすばらしさをみなさんと共有できたら嬉しいです。

 久保 典子(くぼ のりこ)

kubo 私は、お寺の中にいると心がほっとして安心できます。
福厳寺の人、自然、雰囲気が大好きです。
7年前、腰痛の治療でFMT整体にお世話になりました。それがきっかけでご縁をいただきました。
趣味は野菜料理を作ることですが、今着物の着付けを学んでいます。
なかなか着付けを覚えられず、「昔の人はなぜこんなに複雑な服を作ったのかな、、、」と思いますが、まだまだ知らない日本の文化や礼儀作法を学んでいきたいと思っています。
昨年11月に埼玉から越して来たばかりでわからないこともありますが、どうぞよろしくお願い致します。

 倉地 美香(くらち みか)

kurachi 私がお寺で働かせていただくようになりまして、10年以上の月日が経ちました。
同じように、母も10年ほど働かせていただきましたので、あらためてお寺との深いご縁を有り難く思います。
なかなか思うように手が回らず、至らぬことばかりですが、お参りにいらっしゃった方々が、少しでも清々しいお気持ちになられるように、これからも末永く働かせていただけたらと願っています。
また、趣味で仏画を描いております。拙い作品ですが、よろしければ御覧くださいませ。
シーサーブログ「仏画を描く」http://butsuga.seesaa.net/s/

 

PAGE TOP