言葉がけ

大切なご家族を亡くされ、お葬式が終わったあと、故人へのさまざまな想いが湧き出てくると思います。

亡くなった直後の心境よりもむしろ、もしかしたらお葬式を終えてからの方がよりいっそう悲しみに包まれてしまうかもしれません。

福厳寺ではお葬式が終わると、七日経という儀式があります。

七日経とは、故人があの世へ旅立たれた後も、幸せな毎日を過ごしていただけるように遺族の方たちが毎週日曜日の朝、福厳寺でお経を唱える儀式のことです。

49日までの間、毎週朝8時もしくは8時半に福厳寺へお参りにみえます。

まだお若かったご主人を亡くされたNさん。Nさんもまた先日まで七日経にいらっしゃっていました。

お子さんもいらっしゃって、さぞかし悲しみが深いのではないかと想像するのもつらいくらいですが、お子さんたちや親戚の方々の前では気丈に振舞われているお姿が、とても心に残っています。

Nさんの気持ちになって考えてみると、なかなか一人になれる時間がありません。

昼間は仕事、夕方になれば子供たちの食事の準備、家の片付け・・・

休まる時間なんてないと思います。

そのような中で、唯一ご主人へ、ご自分の想いを通わせる大切な時間。

それがお寺に来てお経を唱えているときだったり、ふとした時にお寺の僧侶や職員と一対一で言葉を交わすときなのかもしれません。

そういうとき、どんな言葉がけをしたらNさんの心が少し軽くなるのかなとか、今まで詰めていた想いが少し紐解けるのかなと考えます。

けれど、こちらが何かしてあげようというものではなく、さりげない言葉遣いだったり、接し方、言葉がけ、もしくは小さな心遣いが、Nさんの心をほんの少し和らげるきっかけになるのではないかと思います。

どんな言葉がけをしたらよいかと考えるのではなく、さりげない小さな心遣いができるようになりたいなと思う今日この頃です。

【福厳寺職員の気づきより】

次回は10月14日(土)9時~ですー第4回慈縁の会活動報告

1年の計は、前年の暮れにある

関連記事

  1. お父さんとお母さんの力

    先日の日曜日、五歳の女の子がお父さんやお母さんと一緒にお参りに来ました。難しい漢字がたくさん…

  2. 大切な故人の「魂」を受け継いで

    今から500年後、1,000年後、福厳寺は、こういうお寺でありたい。福厳寺では住職をはじめ、…

  3. 住職就任のご挨拶

    この度住職に就任しました、高瀬元勝です。福厳寺は、室町時代末期から540年続く東海地方屈指の禅寺です…

  4. どこまでも奥深く、興味深い国インド

    二月の十六日〜二十五日までネパール・インドへ行って参りました。先住の悲願達成のため仏教八大聖地へ…

  5. カタツムリに学ぶ気持ちの持ち方

    夜に大雨が降った次の朝、ヤギ小屋掃除のため福厳寺の山へ行く途中のことでした。直径10センチはありそう…

  6. 振り返れば、命の温かさを教えていただきました

    2015年の夏、福厳寺へ1頭の雄ヤギが来ました。来たばかりの頃は、ずっと人の方を見ずにエサば…

  7. ご先祖さまのことを想う(春香るレシピ)

    ご先祖さまからの大切な合図あなたは、亡くなった大切な人のことをどのような時に思い出しますか?…

  8. 「整理整頓」本来の意味は?

    「整理整頓」とは、「きれいに片付ける」という意味だけではないことをご存知ですか?片付けを始め…

PAGE TOP