福厳寺の祭りと年中行事

福厳寺では「秋葉大祭」のほか、さまざまな行事と法要を営みます。

年間行事一覧

1月3日 大般若祈祷

ご本尊さま(正観世音菩薩)への挨拶と、新年の多幸と健勝を祈念します。ご祈祷前には、お抹茶を召し上がっていただきます。

3月8日 開山忌(三代忌)

福厳寺のご開山である盛禅洞奭(せいぜんとうせき)和尚さまのご命日追善法要です。お寺を最初に開かれた初代住職を「ご開山さま」とお呼びします。福厳寺の創建は、1476年(文明14年)です。ご開山さまを偲んで、報恩感謝の誠を捧げます。

3月(9月) 彼岸慰霊祭

古来日本人は、太陽が沈む西方に極楽があり、死後は極楽に往生することを願いました。そこで太陽が真西に沈む春分の日、秋分の日を「極楽にもっとも近い日」として、そこにいらっしゃるご先祖に供養する法要が「彼岸会」です。

4月8日 花まつり

4月8日は仏教の開祖、お釈迦さまの誕生日であり、「花まつり」と呼ばれるお祝いの儀を行います。「誕生仏」(お釈迦さまがお生まれになったときの姿をした像)に、「甘茶」をひしゃくでかけて、生誕をお祝いします。また同時に、生きとし生けるものの幸せを願ったお釈迦さまにあやかって、すべての命を祝福する日でもあります。

8月 お盆施餓鬼会

ご先祖の霊を迎えて共に過ごし、盛大にご供養するとともに、飢えや渇きに苦しむ餓鬼を含む、すべてのものに供養する法要です。

8月16日 お盆送り火

送り火とは、お盆の期間に一緒に過ごした先祖の霊を送り出すための法要です。

12月第2日曜日 秋葉大祭

福厳寺の守護神である秋葉三尺坊にご供養する大祭です。ご祈祷、火渡り、祭りが一体となり、早朝から夜まで、数千人の参拝者で賑わいます。

PAGE TOP