雨は良いもの?悪いもの?

最近はよく雨が降りますね。秋の長雨とはよく言ったものです。台風も近づいているので、心配です。

雨に関して『慈光』の中に興味深い記事があったので、ご紹介します。

ーーー「雨が降る」という事実は変わりませんが、その雨をどう捉えるかによって、その解釈が全く変わってしまうのです。

例えば同じ雨でも、旅行の予定日に雨マークがついていたら気分が滅入りますが、田んぼに水が必要だと思った翌日に雨マークがついていたら気分は高揚します。

このように、私たちは日々起きる出来事に、その都度自分なりの解釈を与えて、自分勝手に楽しくなったり、不機嫌になったりしています。

つまり私たちが、良い気分になったり、悪い気分になったりするのは、誰かのせい、何かのせいではなく、自分のせいなのです。

自分がその出来事に対して、どのような解釈をするかによって、得られる感情を選択しているのです。
このことは、誰かに望ましくない言葉をかけられた時でも同じです。

嫌なことを言われて腹が立つ!と怒ることもできますし、あんな事を言っていたら誰にも相手にされなくなってしまうと哀れむ事もできます。

目の前の出来事に対してどのような解釈を与えるのか。それによってどのような感情が得られるのかが決まります。
【自分の心は自分が決める】
この道理が分かると、せちがらい世の中も若干過ごしやすくなるものです。ーーー
慈光2015年8月号より

面倒くさくて、何もやりたくないときは

福厳寺の朝の香り

関連記事

  1. 「観光にきたみたいです」

    すっきりと晴れた、爽やかな11月の朝。たまたま通りすがりにお参りの方とすれ違いました。…

  2. 慈縁の会3回目のご報告

    「明日は晴れるかな?雨だったらどうしよう…」という心配をしながら迎えた、8月5日の土曜日。当…

  3. 行事報告:福厳寺の花まつり(平成27年4月8日)

    福厳寺に隣接する太陽幼稚園の子供たちやお母さん方、そして福厳寺の花まつりに是非参加したいという大勢の…

  4. 住職就任のご挨拶

    この度住職に就任しました、高瀬元勝です。福厳寺は、室町時代末期から540年続く東海地方屈指の禅寺です…

  5. 命のつながり

    自分の命の中に、もう1つの命がある。その命がしっかりと自分の意思を持って生きている。とても不…

  6. 福厳寺の朝の香り

    福厳寺の本堂脇に応接室があります。応接室には大きな窓ガラスが両脇にあるのです。引き戸になって…

  7. 修行がもたらす効果

    「修行」に本格的に取り組んだことがある人はあまりいないと思いますが、「修行」という言葉を聞くと、「私…

  8. 行事報告:三代忌法要(平成27年3月8日)

    3月8日に、毎年恒例の「三代忌」が開催され、多くの方にお参りいただきました。三代忌とは、福厳…

PAGE TOP