命の大切さを心に刻んだ日

お寺にいると、想像もしないことに突然出会います。

ついこの間のことです。89歳で、福厳寺の受付に、ときどき元気な笑顔を見せて
くださっていたOさん。Oさんが突然、亡くなられたのです。

この間、お盆のお施餓鬼法要のときに、お元気そうな笑顔でお話したばかりでした。

「毎日暑くてねぇ・・・」
「お身体大切にしてくださいね。またお話聞かせてくださいね」

と交わした言葉が最後になってしまいました。

Oさんはご主人が早くに亡くなられて、お話する相手がいなくて寂しいときも気丈に
振る舞い、毎日ご主人のことを大切に想って過ごしていらっしゃいました。ご自分で
大切に育てられたカボチャやジャガイモを食べきれないからと福厳寺へたくさん持って
きてくださったり、お話をしに福厳寺へこられることもありました。

とても穏やかな優しい方で、福厳寺職員でカボチャをいただいたとき、まるでOさん
ご自身が滲み出ているかのような優しい甘さと香りに感動したのを覚えています。

私も福厳寺へきて、住職より命の大切さについてお話を伺うことがよくあります。
命は本当に大切だと心に刻もうと思いますが、何事も起こらない日常につい意識が
ぶれてしまいます。

けれど、本当に大切な人の死を目の当たりにすると、痛いくらい感じます。

「明日、自分自身も目の前の大切な人も、生きている保証は必ずしもありません」

Oさんに、改めて大切なことを教えていただいた気がします。

福厳寺職員一同、ご冥福をお祈りいたします。

[福厳寺職員の気づきより]

 

彼岸慰霊祭〜「なぜ、手を合わせてお参りするの?」

振り返れば、命の温かさを教えていただきました

関連記事

  1. 住職退任のご挨拶

    この度80歳になったことを期に、平成26年12月末日をもって住職を退任し、弟子元勝に譲位することに致…

  2. 【慈縁の会】第1回活動報告:温かいご縁がつながりました

    慈縁の会が動き始めました先日の6月3日(土)、福厳寺慈縁の会の第1回目が行われました。会…

  3. 行事報告:転読大般若祈祷会(平成27年1月3日)

    小牧で最低気温がマイナス1度を記録した1月3日、今年も大変な熱気の中、恒例の「転読大般若」がとり行わ…

  4. 行事報告:福厳寺の送り火(平成27年8月16日)

    8月16日(日)、福厳寺本堂で送り火が行われました。送り火とは、お盆の期間中帰ってきていたご先祖…

  5. 「観光にきたみたいです」

    すっきりと晴れた、爽やかな11月の朝。たまたま通りすがりにお参りの方とすれ違いました。…

  6. 慈縁の会3回目のご報告

    「明日は晴れるかな?雨だったらどうしよう…」という心配をしながら迎えた、8月5日の土曜日。当…

  7. 福厳寺の朝の香り

    福厳寺の本堂脇に応接室があります。応接室には大きな窓ガラスが両脇にあるのです。引き戸になって…

  8. お供え(御霊膳レシピ)

    お供えするとき、忘れてはいけない大切なことそれは「故人への感謝の気持ち」です。今、自分たちが…

PAGE TOP