面倒くさくて、何もやりたくないときは

仕事も食事を作ることも洗濯も掃除も・・・全部面倒くさくてやりたくないことがあります。

あなたは、そんな時どうしますか?

なぜ、面倒くさくてやりたくなくなってしまうのか、考えたことはありますか。

それは、「上司に褒められたい。ご主人に褒められたい。そういう気持ちでやっているからです。」

先日、住職よりこのようなお話をいただきました。

グサッと胸に突き刺さるような、何かを感じました。

確かにそうだなと思いました。作りたくないのに夕食の準備をしてご主人の帰りを待っていた時、
帰ってきたご主人が「今日のご飯美味しそうだね!ありがとう」という言葉をかけてくれたら、
作った甲斐があったとすごく嬉しくなります。

けれど、疲れてだるい中やっと夕食の準備をして待っていたところに、ご主人が帰ってきて
テーブルの上に食事が並んでいるにも関わらず、無視して素通り。

イラっとします。

これは誰でも当たり前のように毎日感じていることだと思います。

けれど実は、ここに一番大切にしなくてはいけないことが隠れていることを、福厳寺住職
より教えていただきました。

仕事も家事も、すべては誰かのためにやるのではなく、自分のためにやるということ。

自分が毎日どういう想いで仕事をし、どんな気持ちで食事を作っているのか。
ここがきちんと定まっていれば、褒められなくても認められなくても関係ない。

「私は、こういう想いでやっています」と目の前の人に堂々と言えるかどうかが
大切なのだと感じました。

まさに、仕事も家事もすべて自分と向き合うことなのだと実感しました。
毎日当たり前のことだからこそ、大切にしなくてはいけないですね。

[福厳寺職員の気づきより]

実りの季節

雨は良いもの?悪いもの?

関連記事

  1. 福厳寺が心地よい理由

    薪ストーブが福厳寺寺務所に設置されて約1年が経過しました。薪は福厳寺の山に生えている木を伐採し、…

  2. お盆のお塔婆は、どうしたらいいですか?

    「お寺さんにお盆の施餓鬼法要を頼んであるのですが、お盆のときのお塔婆ってお墓にお供えするのですか?」…

  3. 小雨が降った朝のイルミネーション

    福厳寺の境内の中は、自然が広がっているため蜘蛛の巣がたくさんあります。お寺にお参りに来る方か…

  4. ITを使って人生を楽しく!「パソコン・スマホ部」活動報告

    パソコン部は「ITを使って人生を楽しく!」をテーマに、パソコンやスマホの機能に振り回されるのではなく…

  5. お彼岸なので、お墓の掃除に

    今朝、福厳寺の山門へ続く通り道を歩いていると、一人の男性が一所懸命カメラのレンズを調節していました。…

  6. 振り返れば、命の温かさを教えていただきました

    2015年の夏、福厳寺へ1頭の雄ヤギが来ました。来たばかりの頃は、ずっと人の方を見ずにエサば…

  7. 行事報告:福厳寺の送り火(平成27年8月16日)

    8月16日(日)、福厳寺本堂で送り火が行われました。送り火とは、お盆の期間中帰ってきていたご先祖…

  8. 食材の命に感謝して「禅料理部」活動報告

    「食材の命に感謝をして、いただく」をテーマに始まった禅料理部。福厳寺に自生している野草や植物…

“大愚.com“
PAGE TOP