青の宝石

お寺にみえた方を迎える石畳の道の両脇に、ひっそりと輝く青い宝石。

先日、バケツに水を汲むために草むらの中へ屈んだ時のことでした。

よく見ると、朝の光が当たってクリアなブルーがとても鮮やかに輝いていました。

「こんなきれいな実があったのだ!」と思わず一粒手に取ると、とても硬い実で
中には真珠みたいな乳白色の丸い種が入っていました。

福厳寺のすぐ隣には幼稚園が隣接しているのですが、子供たちがこの青い実を見つけては、
おままごとの宝石にしたり、中の種を取り出してコンクリートの道路の上に落とすと
跳ね返るので、自然のおもちゃとしても遊べるのだそうです。

そんな素敵な植物とは「竜の髭」。

まとまって規則正しく生い茂る細長い葉は、まるで竜の髭のように見えます。

今の時期に、輝く青い宝石を実らせるのだそうです。

竜の髭を植えると雑草が生えにくくなり、草抜きの手間が省けます。
日向でも日陰でも半日陰でも場所を選ばず元気に成長するそうです。

何気なく毎日歩いている道端にも、新しい発見がたくさんあるのを感じます。

きっと、もっと小さなところに気付きなさいというメッセージなのかもしれないですね。

【福厳寺職員の気づきより】

命の鼓動

今年も、春のアーチができました

関連記事

  1. 「強くあること」の意味

    福厳寺には、黒のシバ犬「モモ」と、雑種「ウメ」の雌犬2匹がいます。春のぽかぽかした青空の下、…

  2. どこまでも奥深く、興味深い国インド

    二月の十六日〜二十五日までネパール・インドへ行って参りました。先住の悲願達成のため仏教八大聖地へ…

  3. 「当たり前」に甘えると

    食べるものがあって、仕事をすることができて、家に帰れば家族がいる。一見すると、これはごく当たり前…

  4. 「墓地」を持つということ【愛知県小牧市・春日井市編】

    こんにちは、愛知県小牧市の福厳寺(ふくごんじ)の平野(ヒラノ)です。今回は「墓地」についてお…

  5. 雨は良いもの?悪いもの?

    最近はよく雨が降りますね。秋の長雨とはよく言ったものです。台風も近づいているので、心配です。…

  6. 言葉がけ

    大切なご家族を亡くされ、お葬式が終わったあと、故人へのさまざまな想いが湧き出てくると思います。…

  7. 【慈縁の会】第1回活動報告:温かいご縁がつながりました

    慈縁の会が動き始めました先日の6月3日(土)、福厳寺慈縁の会の第1回目が行われました。会…

  8. じっくり見ると、気づくこと

    この間までの桜の季節が通り過ぎ、今では福厳寺境内も新芽の緑で満たされています。春のピンクも良…

PAGE TOP