遊びと学びと体験がテーマ「山林部」活動報告

山林部は子供も含め、13名でのスタートとなりました。最初は緊張されていらっしゃった表情も、晴れ晴れとした日差しのように皆さん生き生きとされていらっしゃいました。

活動テーマ

山林部は比較的年齢層を若めに設定し、「遊び」「学び」「体験」をテーマに山林活動をすることをテーマにしています。

なぜならば、山の復興を考えた時、作業量の設定を少し高めに設定するため、若年層の力が欲しいと思ったからです。

復興のためには環境整備が必要で、その次に復興のための植林活動や保全活動ができます。しかし福厳寺山林は復興前に整備が必要です。

その整備には無知でも楽しく遊びながら継続してできる若い力が必要だと考えたからです。

その中でやはり気を引き締めなければならないのが、「山」=「遊び」だけではないということです。

クラブ活動ならなんでもOKという解釈では活動趣旨とは大きく反するため、山内散策をしながら自然の山の現状と未来のビジョンをまずは見ていただきたいと思います。

講義の内容

福厳寺の山を散策しながら、普段やっている環境整備や植林活動のお話をしました。その中で、若いメンバーや子連れが中心だったこともあり、積極的に質問をしてくれた方たちがたくさんありました。

また、今後どんな活動をしたいかについて質問をすると、皆さんきちんと発言をしてくださったり、朽ちていく山の現状に真剣に耳を傾けてくださいました。

山を散策しながら、野生の動物「キツネ」の巣を見つけたり、珍しい植物や虫の写真を撮ったり…なかなか普段の日常生活の中では体験できないことが盛りだくさんな時間を過ごしていただきました。

感想

知り合いの方に誘われ三重から参加された方は、昨年の秋葉大祭にも参加して福厳寺にずっと興味を持っていたので、ぜひ今回参加させていただきました!というお声や、もともと山に入る活動をしていて、すごく興味があったので参加しましたという方、

自然の中を子供と一緒に歩いて、いろいろな体験をさせてあげたいからこの機会に参加したいと思いましたというお声をいただきました。

とても天気のいい日に恵まれ、福厳寺の山の木々の間から降り注ぐ太陽の光を浴びながら、元気に走り回るお子さんたちの姿に、お父さんもお母さんも笑顔になっていらっしゃいました。

【福厳寺職員の気づきより】

ITを使って人生を楽しく!「パソコン・スマホ部」活動報告

食材の命に感謝して「禅料理部」活動報告

関連記事

  1. なぜ、おじぎをするのですか?

    福厳寺にお参りに来た方に尋ねられたことがあります。「そういえば、どうしてだろう・・・」と考え…

  2. 「当たり前」に甘えると

    食べるものがあって、仕事をすることができて、家に帰れば家族がいる。一見すると、これはごく当たり前…

  3. 言葉のちから

    「おはようございます。よろしくお願いします!」朝、お寺に行って初めて職員同士が交わす言葉です…

  4. 福厳寺とご縁を育む「慈縁の会」がスタートします

    2017年6月3日(土)9時より、いよいよ「慈縁の会」が始まります。「慈縁の会」とは、福厳寺…

  5. 行事報告:福厳寺の花まつり(平成27年4月8日)

    福厳寺に隣接する太陽幼稚園の子供たちやお母さん方、そして福厳寺の花まつりに是非参加したいという大勢の…

  6. 行事報告:福厳寺秋葉大祭(平成26年12月14日)

    秋葉大祭の三本柱である「祈り・火渡り・祭り」のすべてを、大きく改革しました。福厳寺秋葉神…

  7. お墓購入は、相続税の節税になります

    もし、あなたが墓地の購入を迷っているなら、今すぐ購入を決めた方がよいかもしれません。お墓やお仏壇…

  8. 【慈縁の会】第1回活動報告:温かいご縁がつながりました

    慈縁の会が動き始めました先日の6月3日(土)、福厳寺慈縁の会の第1回目が行われました。会…

PAGE TOP