言葉のちから

「おはようございます。よろしくお願いします!」

朝、お寺に行って初めて職員同士が交わす言葉です。

相手の職員の顔を見ずに、ただ言葉だけを口から発していうこともできますし、
職員の目を見て、体をまっすぐ向き合わせてきちんと挨拶をすることもできます。

毎朝のたった一言。

けれどこの言葉の重みが、如何に大きいかを実感します。

いい加減に、ろくに相手の顔を見ずに言葉だけの挨拶を交わして仕事を始めると、
その日1日中、なんとなく仕事がはかどらずモチベーションも下がります。

ところが、きちんと体を向き合わせて相手の目を見て笑顔で元気よく朝の挨拶を
交わすと、不思議ですがその日の仕事がスムーズにいくのです。

あなたは、意識を向けたことがありますか?

私も福厳寺に来るまでは、こんなに朝の挨拶が大切なことだと意識したことは
ありませんでした。

私たちが毎日当たり前のように発する言葉には、その人の心が表れると福厳寺
住職よりお話をいただくことがよくあります。

発した言葉の裏の裏にある想いまで、相手の人にきちんと伝わっているという
ことです。

そう考えると、ときに言葉は怖いと感じます。

何気ない一言にも、気をつけないといけないですね。

【福厳寺職員の気づきより】

お父さんとお母さんの力

最高の供養とは?

関連記事

  1. 「観光にきたみたいです」

    すっきりと晴れた、爽やかな11月の朝。たまたま通りすがりにお参りの方とすれ違いました。…

  2. 行事報告:福厳寺の送り火(平成27年8月16日)

    8月16日(日)、福厳寺本堂で送り火が行われました。送り火とは、お盆の期間中帰ってきていたご先祖…

  3. お釈迦様の木のこと、ご存知ですか?

    お釈迦様がお生まれになったとき、悟りを開かれたとき、お亡くなりになられたとき。この3度のとき…

  4. お墓購入は、相続税の節税になります

    もし、あなたが墓地の購入を迷っているなら、今すぐ購入を決めた方がよいかもしれません。お墓やお仏壇…

  5. お守りの持ち方

    ここ最近、県外からお参りにみえる方がたくさんあります。先日も、北海道や青森、昨日は九州からお…

  6. 命のつながり

    自分の命の中に、もう1つの命がある。その命がしっかりと自分の意思を持って生きている。とても不…

  7. お墓は、いつまでに建てればいいですか?

    「先月に主人が亡くなり、来月末に忌明けを迎えます。まだお墓がないので、お墓を建てたいと思って…

  8. 永代供養に申込をしたら、福厳寺会員にならないといけないのですか?…

    毎週日曜日の午後に、永代供養の見学にみえる方たちから、このようなご質問をよくいただきます。先日も…

“大愚.com“
PAGE TOP