観音様と虹

この夏の時期は小牧市、春日井もよく落雷があります。

この福厳寺にも落雷が何度か。。。

パソコンが全滅することもありました。

しかし、この落雷や、大雨が降った後の

空の美しさ、福厳寺の霊園に立つ観音様にかかる虹の美しさは

心を奪われます。

自然の猛威に人は苦しみながらも

自然の偉大さと美しさに魅了されます。

自然が美しいです。

この福厳寺には山の自然に恵まれ、

空を見上げれば、緑の木々の背景に真っ青な空が見えます。

空気の酸素の濃度は濃く、呼吸は楽になり、

自分の体が喜んでいることを実感できます。

540年の歴史のあるこの福厳寺。

なぜこの地に建てられたのか。

日本の寺院や神社には樹齢何百年、千年を超える木が生きていますが、

もしかしたら生命に力を与える場所に

寺院や神社があるのではないかと感じます。

なぜか元気が出るのが、福厳寺であり、

なぜか優しくなれるのが福厳寺です。

皆さんの心に元気と穏やかさを与える場所です。

これからこの福厳寺がたくさんの方のお力で、

たくさんの方の心のよりどころになるよう

美しさを保つ努力を地域の方と協力し皆で

作っていければと思います。

それにしてもこの虹ははっきり移り美しかったです。

 

今を精一杯生きる

福厳寺と竹灯籠

関連記事

  1. いよいよ秋葉大祭に向けて準備が始まりました!

    昨日の日曜日の朝7時半、福厳寺の役員さん約15名の皆さんが、作業しやすい服装で来山されました。…

  2. 今を精一杯生きる

    私の好きな景色の一つに庫裏から見える庭園があります。先日、誰かに見られているような気がして振り返ると…

  3. 「お墓開き」のお供えは?

    先日も、福厳寺の会員さんより問い合わせのお電話がありました。お墓開きは、亡くなられてから1周…

  4. 法要のとき、何を持っていけばいいですか?

    毎週土曜日や日曜日の午前中、福厳寺では何軒も法要が行われます。法要の前日になると、必ずご家族…

  5. 福厳寺とご縁を育む「慈縁の会」がスタートします

    2017年6月3日(土)9時より、いよいよ「慈縁の会」が始まります。「慈縁の会」とは、福厳寺…

  6. 行事報告:三代忌法要(平成27年3月8日)

    3月8日に、毎年恒例の「三代忌」が開催され、多くの方にお参りいただきました。三代忌とは、福厳…

  7. 大切な故人の「魂」を受け継いで

    今から500年後、1,000年後、福厳寺は、こういうお寺でありたい。福厳寺では住職をはじめ、…

  8. 由緒ある寺の参道が長い理由

    お寺では車イスやよほど足の悪い方を除いて、山内への車の乗り入れを制限している。すると中には、「駐…

“大愚.com“
PAGE TOP