裏切られるほど、相手を愛おしく思う

福厳寺の御本尊は、聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)です。

一般的に「観音さま」といわれています。

実は観音さまは、男性でも女性でもありません。「女性であってほしい」と願う人にとっては
女性になり、「男性であってほしい」と願う人には男性になってくださるそうです。

観音さまが大切にされていらっしゃる3つの言葉があります。

それは「知恵」と「慈悲」と「勇気」です。

中でも2つ目の「慈悲」という言葉のお話を福厳寺住職より伺う機会が多くあります。

「慈悲」というと難しく聞こえますが、簡単にいうと「友情」のことです。

自分と近しい特定の友だけでなく人間だけとも限らない、自然のすべて、虫や小鳥たちに
いたるまで、あらゆる命あるものを友として受け入れるということです。

福厳寺住職のお話を伺って、中でもとくに心に残っているお話があります。

それは、慈悲の「悲」という言葉の意味です。

「悲」とは、友の悩みやうめきを自分のものとして受け取る心。人の苦しみを我が身の苦しみ
として受け取る心という意味です。

大自然の喜びや悲しみにいたるまで、すべて自分のこととして受けとること。それは
「愛」に似ています。

しかし裏切られると憎しみに変わるような愛ではなく、「裏切られれば、裏切られるほど相手を
愛おしく思う大きくて深い愛」。

どんなに嫌なことが起こり、さまざまな悩みに押しつぶされそうになっても、「慈悲」の心を忘れず
人間らしい道を生きていきなさい。

心に何度も刻み込みたいお言葉です。

【福厳寺職員の気づきより】

なぜ、おじぎをするのですか?

そろそろ冬支度が始まりました

関連記事

  1. のんびり、ゆっくりできますね

    先日の午後、74歳の男性が福厳寺境内の中を散歩されていらっしゃいました。カメラをお持ちで、境…

  2. お釈迦様の体が刻まれる!?

    命をいただくという意識「命をいただく」ということを、あなたは意識したことがありますか?私も福…

  3. 「主人のお骨を納骨したいのですが・・・」|永代供養で救われた女性…

    「35年前に亡くなった主人のお骨を納骨したいのですが、どうしたらよいですか?福厳寺に墓地はありますが…

  4. お守りの持ち方

    ここ最近、県外からお参りにみえる方がたくさんあります。先日も、北海道や青森、昨日は九州からお…

  5. 宗派が違っても、納骨できますか?

    毎週日曜日の13時〜17時まで、福厳寺では永代供養に関する相談会を行っています。この間の日曜…

  6. 雨は良いもの? 悪いもの?

    6月のある日曜日のこと。その日はいつものごとく法要が連続しており、たくさんの方々がお参りに来られ…

  7. 住職退任のご挨拶

    この度80歳になったことを期に、平成26年12月末日をもって住職を退任し、弟子元勝に譲位することに致…

  8. いよいよ秋葉大祭に向けて準備が始まりました!

    昨日の日曜日の朝7時半、福厳寺の役員さん約15名の皆さんが、作業しやすい服装で来山されました。…

“大愚.com“
PAGE TOP