裏切られるほど、相手を愛おしく思う

福厳寺の御本尊は、聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)です。

一般的に「観音さま」といわれています。

実は観音さまは、男性でも女性でもありません。「女性であってほしい」と願う人にとっては
女性になり、「男性であってほしい」と願う人には男性になってくださるそうです。

観音さまが大切にされていらっしゃる3つの言葉があります。

それは「知恵」と「慈悲」と「勇気」です。

中でも2つ目の「慈悲」という言葉のお話を福厳寺住職より伺う機会が多くあります。

「慈悲」というと難しく聞こえますが、簡単にいうと「友情」のことです。

自分と近しい特定の友だけでなく人間だけとも限らない、自然のすべて、虫や小鳥たちに
いたるまで、あらゆる命あるものを友として受け入れるということです。

福厳寺住職のお話を伺って、中でもとくに心に残っているお話があります。

それは、慈悲の「悲」という言葉の意味です。

「悲」とは、友の悩みやうめきを自分のものとして受け取る心。人の苦しみを我が身の苦しみ
として受け取る心という意味です。

大自然の喜びや悲しみにいたるまで、すべて自分のこととして受けとること。それは
「愛」に似ています。

しかし裏切られると憎しみに変わるような愛ではなく、「裏切られれば、裏切られるほど相手を
愛おしく思う大きくて深い愛」。

どんなに嫌なことが起こり、さまざまな悩みに押しつぶされそうになっても、「慈悲」の心を忘れず
人間らしい道を生きていきなさい。

心に何度も刻み込みたいお言葉です。

【福厳寺職員の気づきより】

なぜ、おじぎをするのですか?

そろそろ冬支度が始まりました

関連記事

  1. 門松の命が、再び

    お寺の山門には毎年立派な門松が飾られます。本年度は福厳寺境内を手入れしてくださる庭師さんに私…

  2. 「強くあること」の意味

    福厳寺には、黒のシバ犬「モモ」と、雑種「ウメ」の雌犬2匹がいます。春のぽかぽかした青空の下、…

  3. 実りの季節

    もうすぐ稲刈りの季節ですね。福厳寺がある大草地区の田んぼも少しずつ稲が金色に輝いてきました。…

  4. お箸の意味

    お箸には、神仏が宿っていることをご存知ですか?例えば神社に行くと、よく橋がかかっていますよね。…

  5. お布施って何?なぜお寺にお金を払うの?(動画)

    法事の時、お寺に納めるお布施はいくらくらい用意したら良いのですか?そもそもお布施とは何なんで…

  6. お仏壇の向きは?

    「お仏壇は北向きに向けない」とよくいわれることがありますが、どこに置いたら一番いいのでしょうか?…

  7. 「観光にきたみたいです」

    すっきりと晴れた、爽やかな11月の朝。たまたま通りすがりにお参りの方とすれ違いました。…

  8. 1年の計は、前年の暮れにある

    早いもので、今年ももう、残すところあと2ヶ月をきりました。昔から「一年の計は元旦にあり」と言…

PAGE TOP