裏切られるほど、相手を愛おしく思う

福厳寺の御本尊は、聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)です。

一般的に「観音さま」といわれています。

実は観音さまは、男性でも女性でもありません。「女性であってほしい」と願う人にとっては
女性になり、「男性であってほしい」と願う人には男性になってくださるそうです。

観音さまが大切にされていらっしゃる3つの言葉があります。

それは「知恵」と「慈悲」と「勇気」です。

中でも2つ目の「慈悲」という言葉のお話を福厳寺住職より伺う機会が多くあります。

「慈悲」というと難しく聞こえますが、簡単にいうと「友情」のことです。

自分と近しい特定の友だけでなく人間だけとも限らない、自然のすべて、虫や小鳥たちに
いたるまで、あらゆる命あるものを友として受け入れるということです。

福厳寺住職のお話を伺って、中でもとくに心に残っているお話があります。

それは、慈悲の「悲」という言葉の意味です。

「悲」とは、友の悩みやうめきを自分のものとして受け取る心。人の苦しみを我が身の苦しみ
として受け取る心という意味です。

大自然の喜びや悲しみにいたるまで、すべて自分のこととして受けとること。それは
「愛」に似ています。

しかし裏切られると憎しみに変わるような愛ではなく、「裏切られれば、裏切られるほど相手を
愛おしく思う大きくて深い愛」。

どんなに嫌なことが起こり、さまざまな悩みに押しつぶされそうになっても、「慈悲」の心を忘れず
人間らしい道を生きていきなさい。

心に何度も刻み込みたいお言葉です。

【福厳寺職員の気づきより】

なぜ、おじぎをするのですか?

そろそろ冬支度が始まりました

関連記事

  1. じっくり見ると、気づくこと

    この間までの桜の季節が通り過ぎ、今では福厳寺境内も新芽の緑で満たされています。春のピンクも良…

  2. お釈迦様の木のこと、ご存知ですか?

    お釈迦様がお生まれになったとき、悟りを開かれたとき、お亡くなりになられたとき。この3度のとき…

  3. はじめての樹木葬

    なぜ今、樹木葬?近年、雑誌やテレビなどで取り上げられる機会が増え、「樹木葬(じゅもくそう)」…

  4. 実りの季節

    もうすぐ稲刈りの季節ですね。福厳寺がある大草地区の田んぼも少しずつ稲が金色に輝いてきました。…

  5. 行事報告:福厳寺の花まつり(平成27年4月8日)

    福厳寺に隣接する太陽幼稚園の子供たちやお母さん方、そして福厳寺の花まつりに是非参加したいという大勢の…

  6. お父さんとお母さんの力

    先日の日曜日、五歳の女の子がお父さんやお母さんと一緒にお参りに来ました。難しい漢字がたくさん…

  7. お盆のお塔婆は、まだお焚き上げしてもらえますか?

    先日、福厳寺の会員さんよりお問い合わせのお電話がありました。福厳寺では毎年8月16日の17時…

  8. 今を精一杯生きる

    私の好きな景色の一つに庫裏から見える庭園があります。先日、誰かに見られているような気がして振り返ると…

“大愚.com“
PAGE TOP