行事報告:福厳寺の送り火(平成27年8月16日)

8月16日(日)、福厳寺本堂で送り火が行われました。

送り火とは、お盆の期間中帰ってきていたご先祖さまをあの世に再び送り出す儀式です。

お盆を迎えるにあたって、家のお仏壇の前にたくさんのお供えやお飾りをしていたと思います。
これらを福厳寺本堂前でお坊さんのお経と共にお焚き上げし、お焼香をしてご供養します。

P1010631夕方7時をまわって暗くなると、福厳寺境内が一斉に幻想的な風景に様変わりです。
お焚き上げの炎に包まれた境内にお経が響き渡り、厳かな雰囲気の中でお年寄りからお子さんたちまで家族そろって丁寧にお参りされている姿がとても印象的でした。

当初は雨の予報でしたが、皆さんの願いが通じたのか雨に降られることなく送り火の儀式を無事終えることができました。

そして帰り際には、お参りに来た方たちへサプライズがありました。

福厳寺境内の山に生えている竹を切って加工し、今年は数百本の竹灯篭を準備しました。
池の周りや参道に並べてある竹灯篭が幻想的な福厳寺境内を作り出し、指をさしてきれいだねとにっこり笑う親子の姿もありました。
竹灯篭のやさしい光に包まて、皆さん静かに送り火の夜道を帰っていきました。

福厳寺の山門前からお焚き上げが行われている本堂を覗くと、ゆっくりと空へ流れる煙の筋がみえました。
きっとご先祖さまも安心してあの世へお帰りになられたことと思います。

IMG_1954

【福厳寺の送り火について】

毎年8月16日夕方5時から行われます。

お名前とご供養料1,000円(会員以外の方は2,000円)を当日受付で納め、お焚き上げする物(お塔婆や木製の燃える物のみ、食物・生花・プラスチック類は不可)をご持参ください。
お焚き上げをしてご供養します。

お盆ってそもそも何…?大愚和尚にお盆の意味を聞いてみました。

由緒ある寺の参道が長い理由

関連記事

  1. 言葉のちから

    「おはようございます。よろしくお願いします!」朝、お寺に行って初めて職員同士が交わす言葉です…

  2. 「当たり前」に甘えると

    食べるものがあって、仕事をすることができて、家に帰れば家族がいる。一見すると、これはごく当たり前…

  3. 娘夫婦のお墓に入るのは、おかしいですか?

    ちょうど1ヶ月半前に、ご主人を白血病で亡くされたHさん。 忌明を控え、まだ悲しみも癒えない中、福厳寺…

  4. お墓は、いつまでに建てればいいですか?

    「先月に主人が亡くなり、来月末に忌明けを迎えます。まだお墓がないので、お墓を建てたいと思って…

  5. 雨は良いもの?悪いもの?

    最近はよく雨が降りますね。秋の長雨とはよく言ったものです。台風も近づいているので、心配です。…

  6. 「清く、美しく」の象徴

    この間の5月の終わりのことです。福厳寺の池に、蓮の花を咲かせるプロジェクトが始動しました。…

  7. お供え(御霊膳レシピ)

    お供えするとき、忘れてはいけない大切なことそれは「故人への感謝の気持ち」です。今、自分たちが…

  8. 涙がこぼれました

    昨日、今年の5月に福厳寺の永代供養を申し込まれた方が、お参りにみえました。80代のご夫婦のご…

“大愚.com“
PAGE TOP