福厳寺の朝の香り

福厳寺の本堂脇に応接室があります。応接室には大きな窓ガラスが両脇にあるのです。

引き戸になっている窓ガラスを開けると、毎朝必ず「朝の香り」が漂ってきます。

最近は雨が多いので、雨が降った後の香りが漂ってきます。もわもわと湿気が漂っている中
にも、ふわっと金木犀の香りがしたり。

晴れている日の朝には、爽やかな風に乗って金木犀の甘くて柔らかい香りが
応接間を通り抜けていきます。

この感じが、何ともいえません。

毎朝起きて自宅の部屋の窓を開けても、同じ香りがしたことはありません。

福厳寺の境内は「別世界」。そんな感じがします。

今の季節にしか香らない花の香り。この時期にしか咲かない彼岸花や草むらから顔を
のぞかせる露草の小さな青い花。

毎朝通勤電車に乗って会社へ行く途中には、絶対に体験できない自然の豊かな恵みがここにはあります。

「もう秋だよ」と、福厳寺の自然から教えていただいています。

 

【福厳寺職員の気づきより】

 

 

 

雨は良いもの?悪いもの?

お父さんとお母さんの力

関連記事

  1. 心が入れ替わります

    「うわぁ...」圧倒された表情で静かに千手堂へ足を踏み入れた女性は、その場で深く合掌しな…

  2. なぜ、おじぎをするのですか?

    福厳寺にお参りに来た方に尋ねられたことがあります。「そういえば、どうしてだろう・・・」と考え…

  3. なぜ法事をするの?(動画)

    大切な人が亡くなったあと、残された家族は、一周忌・三回忌・七回忌と法事を行いますが、「なぜ年忌法事を…

  4. 彼岸慰霊祭〜「なぜ、手を合わせてお参りするの?」

    昨日、福厳寺の墓地「第Ⅱ霊園」と「福聚苑」で、お彼岸の法要が行われました。毎年3月と9月の年…

  5. 命のつながり

    自分の命の中に、もう1つの命がある。その命がしっかりと自分の意思を持って生きている。とても不…

  6. 行事報告:秋の彼岸会(平成27年9月13日)

    9月13日の日曜日の午後、少し秋めいてきた穏やかな日差しが降り注ぐ中、福厳寺の彼岸会(慰霊祭)が行わ…

  7. ご先祖さまのことを想う(春香るレシピ)

    ご先祖さまからの大切な合図あなたは、亡くなった大切な人のことをどのような時に思い出しますか?…

  8. 忌明法要のときは、何を持っていけばよいですか?

    先日も、会員の方からお問い合わせがありました。墓石屋さんなどからは、山のものや海のものなど、…

“大愚.com“
PAGE TOP