福厳寺の朝の香り

福厳寺の本堂脇に応接室があります。応接室には大きな窓ガラスが両脇にあるのです。

引き戸になっている窓ガラスを開けると、毎朝必ず「朝の香り」が漂ってきます。

最近は雨が多いので、雨が降った後の香りが漂ってきます。もわもわと湿気が漂っている中
にも、ふわっと金木犀の香りがしたり。

晴れている日の朝には、爽やかな風に乗って金木犀の甘くて柔らかい香りが
応接間を通り抜けていきます。

この感じが、何ともいえません。

毎朝起きて自宅の部屋の窓を開けても、同じ香りがしたことはありません。

福厳寺の境内は「別世界」。そんな感じがします。

今の季節にしか香らない花の香り。この時期にしか咲かない彼岸花や草むらから顔を
のぞかせる露草の小さな青い花。

毎朝通勤電車に乗って会社へ行く途中には、絶対に体験できない自然の豊かな恵みがここにはあります。

「もう秋だよ」と、福厳寺の自然から教えていただいています。

 

【福厳寺職員の気づきより】

 

 

 

雨は良いもの?悪いもの?

お父さんとお母さんの力

関連記事

  1. 振り返れば、命の温かさを教えていただきました

    2015年の夏、福厳寺へ1頭の雄ヤギが来ました。来たばかりの頃は、ずっと人の方を見ずにエサば…

  2. 「強くあること」の意味

    福厳寺には、黒のシバ犬「モモ」と、雑種「ウメ」の雌犬2匹がいます。春のぽかぽかした青空の下、…

  3. 福厳寺とご縁を育む「慈縁の会」がスタートします

    2017年6月3日(土)9時より、いよいよ「慈縁の会」が始まります。「慈縁の会」とは、福厳寺…

  4. 実りの季節

    もうすぐ稲刈りの季節ですね。福厳寺がある大草地区の田んぼも少しずつ稲が金色に輝いてきました。…

  5. どこまでも奥深く、興味深い国インド

    二月の十六日〜二十五日までネパール・インドへ行って参りました。先住の悲願達成のため仏教八大聖地へ…

  6. 「整理整頓」本来の意味は?

    「整理整頓」とは、「きれいに片付ける」という意味だけではないことをご存知ですか?片付けを始め…

  7. 住職退任のご挨拶

    この度80歳になったことを期に、平成26年12月末日をもって住職を退任し、弟子元勝に譲位することに致…

  8. 裏切られるほど、相手を愛おしく思う

    福厳寺の御本尊は、聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)です。一般的に「観音さま」といわれて…

PAGE TOP