福厳寺と竹灯籠

福厳寺の今年の送り火では500個以上の竹灯籠に火が灯されました。竹灯籠は竹を斜めに切り、その竹の中にロウソクを入れ、ロウソクに火をつけたものです。竹灯籠に点火をしたのは16時30分でした。まだ8月の時期ですと明るいので、この時間は目立ちませんが、19時頃になると竹の中の灯りがはっきりしていきます。あたたかい光が点在していきます。池の周辺に設置した竹灯籠は水に移り、不思議な景観になります。秋葉神殿へ向かう階段に設置した竹灯籠は滑走路のようになり導かれるように皆その階段を上り、手を合わせにいきます。私たちは蛍光灯の光は見慣れていますが、火の光を見る機会は少ないです。福厳寺には霊園、墓地があります。いずれは霊園や墓地にも竹灯籠に火を灯し、山の中にも安全面に考慮しながら、竹灯籠に火を灯したいです。ただ、竹灯籠を作成するのには竹を切る作業が必要で、これがとても一つ作るのに労力を使います。一つでも多くの竹灯籠を作り、たくさんの方に喜んでいただければと思います。

観音様と虹

仏さまにお花を飾るのは、大切な供養です

関連記事

  1. 「整理整頓」本来の意味は?

    「整理整頓」とは、「きれいに片付ける」という意味だけではないことをご存知ですか?片付けを始め…

  2. 福厳寺とご縁を育む「慈縁の会」がスタートします

    2017年6月3日(土)9時より、いよいよ「慈縁の会」が始まります。「慈縁の会」とは、福厳寺…

  3. 「観光にきたみたいです」

    すっきりと晴れた、爽やかな11月の朝。たまたま通りすがりにお参りの方とすれ違いました。…

  4. 今年も、春のアーチができました

    先日の4月8日、朝から福厳寺の境内では元気な声が聞こえていました。隣接する太陽幼稚園の入…

  5. 日々、学ばせていただいています

    「珍しいですね、かわいい!撫でてもいいですか?」法要にみえる方々から毎週のように撫でてもらっ…

  6. 大切な故人の「魂」を受け継いで

    今から500年後、1,000年後、福厳寺は、こういうお寺でありたい。福厳寺では住職をはじめ、…

  7. 運気が上がる盆参りの作法

    もうすぐお盆ですね。13日の夕方、迎え火を焚いて、ご先祖さまを迎え、16日の夕方、送り火を焚いて、ご…

  8. 「墓地」を持つということ【愛知県小牧市・春日井市編】

    こんにちは、愛知県小牧市の福厳寺(ふくごんじ)の平野(ヒラノ)です。今回は「墓地」についてお…

PAGE TOP