月命日のお参り

福厳寺には、会員さんみなさんの寺位牌をお祀りしている「千手堂」があります。

千手堂に、毎月欠かさず名古屋市からお参りにみえるご夫婦がいらっしゃいます。

「今日は、母の月命日なのでお参りさせていただけますか?」と福厳寺の受付にご夫婦でみえるYさんは、雨がたくさん降る中でも真夏の暑い中でも、必ずお供えを持ってお参りにみえるのです。

本堂の御本尊様、千手堂の千手観音様の前で深々と合掌され、そして寺位牌の前でお経を必ず唱えていらっしゃいます。

月命日とは、故人が亡くなった日と同じ日のことを表します。例えば、7月25日に亡くなった場合、毎月25日が月命日です。

月命日は、故人のことを思い出し、家族みんなで供養する日。

遺族が集まり法要などの儀式を行うまではいきませんが、遺族の方たちみなさんで、故人が好んだものやお線香、お花などをお供えしてお参りをしながら、「いつも見守ってくれてありがとう」と、故人に感謝をする日です。

Yさんご夫婦は千手堂のお参りが終わると、今度は福厳寺のすぐ前の金の観音様の墓地へ向かわれます。

深々と合掌され、ご夫婦でお経を唱えてお線香とお花を供えられた後、必ずすることがあるそうです。

それは、お墓の前から景色を眺めること。Yさんご家族のお墓の前から眺める景色が大好きなのだそうです。この景色と落ち着いたお墓の雰囲気が気に入り、ここにしたのですよとお話してくださいました。

Yさんご夫婦が毎月熱心に、丁寧に手を合わせられているお姿に、大切なメッセージをいただいています。

【福厳寺職員の気づきより】

のんびり、ゆっくりできますね

「お墓開き」のお供えは?

関連記事

  1. 行事報告:お盆の施餓鬼会(平成27年8月6・7・8日)

    本堂に集まったたくさんの会員さんやご家族が静かに見守る中、夕方6時から総勢9名のお坊さんたちによるお…

  2. 行事報告:三代忌法要(平成27年3月8日)

    3月8日に、毎年恒例の「三代忌」が開催され、多くの方にお参りいただきました。三代忌とは、福厳…

  3. 「整理整頓」本来の意味は?

    「整理整頓」とは、「きれいに片付ける」という意味だけではないことをご存知ですか?片付けを始め…

  4. 修行がもたらす効果

    「修行」に本格的に取り組んだことがある人はあまりいないと思いますが、「修行」という言葉を聞くと、「私…

  5. どこまでも奥深く、興味深い国インド

    二月の十六日〜二十五日までネパール・インドへ行って参りました。先住の悲願達成のため仏教八大聖地へ…

  6. 振り返れば、命の温かさを教えていただきました

    2015年の夏、福厳寺へ1頭の雄ヤギが来ました。来たばかりの頃は、ずっと人の方を見ずにエサば…

  7. キツネ

    ここのところ、福厳寺境内の中ではキツネをよく見かけます。朝、福厳寺の駐車場に車を止めようとす…

  8. そろそろ冬支度が始まりました

    福厳寺境内の山門のすぐ隣には、桃畑が広がっています。毎年初夏になると、青々と細長い桃の葉が生い茂…

PAGE TOP