日々、学ばせていただいています

「珍しいですね、かわいい!撫でてもいいですか?」

法要にみえる方々から毎週のように撫でてもらっていたのは、福厳寺にきて
約1年半のメスヤギ「ルル」。

ちょうど昨年の今頃、お腹がだんだん大きく目立ってきました。

ヤギの妊娠は、福厳寺初の出来事。

福厳寺にきたばかりの頃はずっとメーメー泣いていたのに、いつのまにかお母さんの強さ
を感じるほどたくましく成長しました。

お腹に赤ちゃんがいると、食べることに一所懸命になっている感じがします。

だんだんお腹が大きくなって、山の斜面を上がるときのスピードもゆっくりになりました。

そして今年の2月28日。元気な男の子「ロロ」を出産したルル。

今、再びお腹に赤ちゃんが宿り始めているようです。

毎日職員がお世話をしていますが、ルルから学ばせていただくことがあります。

それは、「目の前のことに素直に、まっすぐ一点集中」。

捉え方は人それぞれだと思いますが、一つのことに集中することにおいては、
人間よりも格段に優れていると思います。

私たちは周りのいろいろなことに振り回されてなかなか難しいですが、ヤギは美味しい
草が
目の前にあったら脇目もふらず、ひたすら食べ続けます。妊娠しているから当たり前
だと捉える人もあると思いますが、その集中力はすごいです。見習いたいくらいです。

いつも、福厳寺住職がお話してくださることがあります。

動物のお世話をしながら私たちが学べることは、ものすごくたくさんあるということ。

福厳寺職員にとっては2度目の出産ですが、きっと再び心に刻まれる経験になると思います。

今年の2月、ロロを出産したときのルルの様子を動画で見ることができます。

You Tubeにて、「福厳寺channel 命に感謝」と検索してみてください。

あなたもぜひ、感じてみてくださいね。

【お寺職員の気づきより】

法要のとき、何を持っていけばいいですか?

お仏壇の向きは?

関連記事

  1. 今年も、春のアーチができました

    先日の4月8日、朝から福厳寺の境内では元気な声が聞こえていました。隣接する太陽幼稚園の入…

  2. 納骨の儀|僧侶が想うこと

    先日、納骨の儀式に参加させていただきました。納骨の際、墓石の前でお骨を見た時、なんとも言えな…

  3. 実りの季節

    もうすぐ稲刈りの季節ですね。福厳寺がある大草地区の田んぼも少しずつ稲が金色に輝いてきました。…

  4. 「当たり前」に甘えると

    食べるものがあって、仕事をすることができて、家に帰れば家族がいる。一見すると、これはごく当たり前…

  5. 運気が上がる盆参りの作法

    もうすぐお盆ですね。13日の夕方、迎え火を焚いて、ご先祖さまを迎え、16日の夕方、送り火を焚いて、ご…

  6. 「強くあること」の意味

    福厳寺には、黒のシバ犬「モモ」と、雑種「ウメ」の雌犬2匹がいます。春のぽかぽかした青空の下、…

  7. 言葉のちから

    「おはようございます。よろしくお願いします!」朝、お寺に行って初めて職員同士が交わす言葉です…

  8. 住職退任のご挨拶

    この度80歳になったことを期に、平成26年12月末日をもって住職を退任し、弟子元勝に譲位することに致…

“大愚.com“
PAGE TOP