慈縁の会3回目のご報告

「明日は晴れるかな?雨だったらどうしよう…」という心配をしながら迎えた、8月5日の土曜日。

当日になったら、そんな心配も吹っ飛ぶくらい晴天の中、それぞれのグループ活動が始まりました。

今回は3回目。さらに前回より人数も増え、賑やかな会がスタートしました。

コーラス部は、参加者の方たち皆さん仲良く、体も動かしながら発声練習です。

パソコン部は、「これができるようになりたい!」というご自身の目的に向かって、とても真剣に取り組まれていらっしゃいました。

そして山林部は、今回の茶話会のテーマ「流しそうめん」用の竹を作ってくださっています。

今回は、竹を2本繋げて流しそうめん台をつくります。

竹を削って細かい微調整をしながら…山林部の方たち大活躍です!

そうめん汁の器も、作ってくださいました。

上手に取れるかな・・・?大人から小さなお子さんまで、とても賑やかな流しそうめん大会になりました。

禅料理部では流しそうめんの準備と、地元の小牧大草で収穫したトマトをたくさん使って作ったトマト汁をつくりました。

トマトと出汁を合わせた、さっぱりしたトマト汁が新しくてとてもそうめんとよく合いますねというお声をいただきました。

そうめんを堪能した後は、プチデザートのお抹茶プリン。

不思議なことに、自然と2層になるなめらかプリンはカロリー控えめで後味さっぱり。

最後は皆さんで手を合わせて合掌し、ごちそうさまをして終了しました。

次回、第4回目の慈縁の会は9月2日(土)の9時〜です。

【福厳寺職員の気づきより】

宗派が違っても、納骨できますか?

忌明法要のときは、何を持っていけばよいですか?

関連記事

  1. 命のつながり

    自分の命の中に、もう1つの命がある。その命がしっかりと自分の意思を持って生きている。とても不…

  2. のんびり、ゆっくりできますね

    先日の午後、74歳の男性が福厳寺境内の中を散歩されていらっしゃいました。カメラをお持ちで、境…

  3. 命の鼓動

    つい先日、12月13日(火)の午前10時過ぎ、予想もしなかったことが突然起こりました。まだか…

  4. 由緒ある寺の参道が長い理由

    お寺では車イスやよほど足の悪い方を除いて、山内への車の乗り入れを制限している。すると中には、「駐…

  5. 「亡くなった息子の遺骨を手放せない」

    「3歳で亡くなった息子。生きていればもう10歳。私の心の中にはぽっかりと大きな穴があいてしまって…

  6. お釈迦様の体が刻まれる!?

    命をいただくという意識「命をいただく」ということを、あなたは意識したことがありますか?私も福…

  7. お父さんとお母さんの力

    先日の日曜日、五歳の女の子がお父さんやお母さんと一緒にお参りに来ました。難しい漢字がたくさん…

  8. お盆のキュウリ馬が現代は・・・

    昨日、福厳寺のお盆施餓鬼法要が終了しました。4日間で、延べ850名くらいの家族連れの方たちが…

“大愚.com“
PAGE TOP