心が入れ替わります

「うわぁ…」

圧倒された表情で静かに千手堂へ足を踏み入れた女性は、その場で深く合掌
しながら頭を下げられました。

昨年6月、福厳寺の位牌堂が新しくなりました。千手堂という名前です。

千手堂の御本尊は、千手千眼観世音菩薩さまです。

「千」は無数無量という意味を表し、その名の通りたくさんの手を持っておられます。

その掌にはそれぞれ目がついていて、この無数の目は「よく見ること」、「観察すること」の
大切さを示しているそうです。

お経本の中には、「内には8万の心の悩みを滅し、外には100万の病を除く。誓って観音を念じ、
その名を唱えれば、あらゆる畏れと不安を除き、すべての病める人を救い、万願を成就せしむ。」
と書かれています。

人間のあらゆる苦しみ、悲しみ、悩みに加え、あらゆる災難を救ってくださる仏さまです。

福厳寺の会員さんのご家族のお位牌が並び、毎週末の法要が行われる千手堂。

一歩踏み入れただけで、心が入れ替わる感覚を感じます。

静かに、一歩一歩千手観音様の前に近づいて合掌礼拝。

大きく優しく包んでくださっているのを感じ、自然と感謝の気持ちが湧いてきます。

【福厳寺職員の気づきより】

お釈迦様の木のこと、ご存知ですか?

離檀料はいくらですか?

関連記事

  1. なぜ法事をするの?(動画)

    大切な人が亡くなったあと、残された家族は、一周忌・三回忌・七回忌と法事を行いますが、「なぜ年忌法事を…

  2. 福厳寺のお地蔵様

    手を合わせて、にっこり微笑むお地蔵様。実はこの写真、手作りのお地蔵様なのです。先日、福厳寺永…

  3. 命のつながり

    自分の命の中に、もう1つの命がある。その命がしっかりと自分の意思を持って生きている。とても不…

  4. 福厳寺の朝の香り

    福厳寺の本堂脇に応接室があります。応接室には大きな窓ガラスが両脇にあるのです。引き戸になって…

  5. 信頼できる葬儀社の見極め方

    大切なご家族が亡くなり、お葬式をすることになったとき、あなたはどのようにして葬儀社を選びますか?…

  6. 「永代供養をしても、法事をやってもらえますか?」

    一昨日、福厳寺へ永代供養の見学にみえた方がありました。名古屋市内に在住の60代男性、Oさんで…

  7. 慈縁の会3回目のご報告

    「明日は晴れるかな?雨だったらどうしよう…」という心配をしながら迎えた、8月5日の土曜日。当…

  8. 青の宝石

    お寺にみえた方を迎える石畳の道の両脇に、ひっそりと輝く青い宝石。先日、バケツに水を汲むために草む…

“大愚.com“
PAGE TOP