彼岸慰霊祭〜「なぜ、手を合わせてお参りするの?」

昨日、福厳寺の墓地「第Ⅱ霊園」と「福聚苑」で、お彼岸の法要が行われました。

毎年3月と9月の年2回、福厳寺の僧侶がそれぞれの家の墓地ごとにお経をあげてご供養します。

お経を唱えてお参りをした後、僧侶より大切なお話がありました。

あなたは、お参りをするときに、なぜ手を合わせるのか、考えたことはありますか?

私も福厳寺に来るまでは、全然知りませんでした。けれど言われてみると、そういう意味が
あったのだ!と、すごく感動したのを覚えています。

手と手を合わせるとき、とても大切にしたいことがあります。それは、左手と右手それぞれに
意味があるのです。

左手は、自分。右手は、相手の人もしくは目の前にいらっしゃる仏さま。

手を合わせてお参りをするとき、そっとやさしく手を合わせてみてください。

私とあなたが一つになって、これからも一緒に元気で過ごせますように・・・
そっと心の中でお唱えすると、心がぽかぽかになります。

昨日も、ご家族そろってお参りにみえた方がたくさんありました。3歳くらいの
女の子も1歳半くらいの男の子も、お父さんやお母さんの真似をして、一所懸命
手を合わせていました。

手を合わせるって、素敵なことですね。

 

[福厳寺職員の気づきより]

仏さまにお花を飾るのは、大切な供養です

命の大切さを心に刻んだ日

関連記事

  1. 「お墓開き」のお供えは?

    先日も、福厳寺の会員さんより問い合わせのお電話がありました。お墓開きは、亡くなられてから1周…

  2. お父さんとお母さんの力

    先日の日曜日、五歳の女の子がお父さんやお母さんと一緒にお参りに来ました。難しい漢字がたくさん…

  3. 命の鼓動

    つい先日、12月13日(火)の午前10時過ぎ、予想もしなかったことが突然起こりました。まだか…

  4. 食材の命に感謝して「禅料理部」活動報告

    「食材の命に感謝をして、いただく」をテーマに始まった禅料理部。福厳寺に自生している野草や植物…

  5. お盆のお塔婆は、どうしたらいいですか?

    「お寺さんにお盆の施餓鬼法要を頼んであるのですが、お盆のときのお塔婆ってお墓にお供えするのですか?」…

  6. 日々、学ばせていただいています

    「珍しいですね、かわいい!撫でてもいいですか?」法要にみえる方々から毎週のように撫でてもらっ…

  7. 今年も、春のアーチができました

    先日の4月8日、朝から福厳寺の境内では元気な声が聞こえていました。隣接する太陽幼稚園の入…

  8. 雨は良いもの?悪いもの?

    最近はよく雨が降りますね。秋の長雨とはよく言ったものです。台風も近づいているので、心配です。…

PAGE TOP