実りの季節

もうすぐ稲刈りの季節ですね。

福厳寺がある大草地区の田んぼも少しずつ稲が金色に輝いてきました。

農家の方は台風や大雨にヤキモキしながら、カレンダーとにらめっこしていらっしゃるのではないでしょうか。

私はこの季節が大好きです。

風に揺れるたわわに実った稲穂を見ていると心が落ち着きます。

日本っていいな…としみじみ感じます。

私たちが普段当たり前のように口にしているご飯。

でも、それは全く当たり前のことではなく、ここに至るまでの多くの方の苦労、労働があってこそです。

僧侶が食事前に唱える「五観の偈」の中に、この食事を頂くにあたり、携わって下さったすべての方に思いを馳せ、感謝するという一文があります。

私たちの見えないところ、気付かないところで、頑張って下さっている方々に感謝をしながら、一口一口味わって季節の恵みを頂きたいと思う今日この頃です。

振り返れば、命の温かさを教えていただきました

面倒くさくて、何もやりたくないときは

関連記事

  1. お香典の意味

    お通夜やお葬式のときに持っていくものの一つに、お香典があります。お香典という言葉には、どのよ…

  2. 幻想的な風景に感動を覚えました

    一昨日の8月16日、夕方5時から毎年恒例の福厳寺送り火が開催されました。当初は雨の予報でした…

  3. 秋の七草

    一般的に春の七草はよく知られています。七草粥として食され、なじみがありますね。実は秋…

  4. 「命をいただく」ときに感じること

    ハンバーグ、焼肉、ラーメン、パスタ、ケーキ。これらの食べものには「命」があります。ついさっき…

  5. 「整理整頓」本来の意味は?

    「整理整頓」とは、「きれいに片付ける」という意味だけではないことをご存知ですか?片付けを始め…

  6. 台風の爪痕から教わったこと

    昨夜、猛烈な雨と風が吹き荒れ、建物が壊れないかとても不安な夜を過ごしました。そして今朝、福厳…

  7. 「当たり前」に甘えると

    食べるものがあって、仕事をすることができて、家に帰れば家族がいる。一見すると、これはごく当たり前…

  8. 福厳寺が心地よい理由

    薪ストーブが福厳寺寺務所に設置されて約1年が経過しました。薪は福厳寺の山に生えている木を伐採し、…

PAGE TOP