実りの季節

もうすぐ稲刈りの季節ですね。

福厳寺がある大草地区の田んぼも少しずつ稲が金色に輝いてきました。

農家の方は台風や大雨にヤキモキしながら、カレンダーとにらめっこしていらっしゃるのではないでしょうか。

私はこの季節が大好きです。

風に揺れるたわわに実った稲穂を見ていると心が落ち着きます。

日本っていいな…としみじみ感じます。

私たちが普段当たり前のように口にしているご飯。

でも、それは全く当たり前のことではなく、ここに至るまでの多くの方の苦労、労働があってこそです。

僧侶が食事前に唱える「五観の偈」の中に、この食事を頂くにあたり、携わって下さったすべての方に思いを馳せ、感謝するという一文があります。

私たちの見えないところ、気付かないところで、頑張って下さっている方々に感謝をしながら、一口一口味わって季節の恵みを頂きたいと思う今日この頃です。

納骨の儀|僧侶が想うこと

面倒くさくて、何もやりたくないときは

関連記事

  1. そろそろ冬支度が始まりました

    福厳寺境内の山門のすぐ隣には、桃畑が広がっています。毎年初夏になると、青々と細長い桃の葉が生い茂…

  2. 行事報告:秋の彼岸会(平成27年9月13日)

    9月13日の日曜日の午後、少し秋めいてきた穏やかな日差しが降り注ぐ中、福厳寺の彼岸会(慰霊祭)が行わ…

  3. 福厳寺の朝の香り

    福厳寺の本堂脇に応接室があります。応接室には大きな窓ガラスが両脇にあるのです。引き戸になって…

  4. 福厳寺と竹灯籠

    福厳寺の今年の送り火では500個以上の竹灯籠に火が灯されました。竹灯籠は竹を斜めに切り、その竹の中に…

  5. 幻想的な風景に感動を覚えました

    一昨日の8月16日、夕方5時から毎年恒例の福厳寺送り火が開催されました。当初は雨の予報でした…

  6. 葬儀の意味

    「お金がないので、お坊さん1人、直葬という形を福厳寺さんではお願いできますか?」先日も、この…

  7. 法要のとき、何を持っていけばいいですか?

    毎週土曜日や日曜日の午前中、福厳寺では何軒も法要が行われます。法要の前日になると、必ずご家族…

  8. 「お骨を預かってもらえますか?」永代供養はいつ頼むべきなのか

    主人のお骨を預けたいのですが、福厳寺さんではお骨を預かってもらえるのですか?先日、50代の女性A…

“大愚.com“
PAGE TOP