大切な故人の「魂」を受け継いで

今から500年後、1,000年後、福厳寺は、こういうお寺でありたい。

福厳寺では住職をはじめ、職員一同が500年、1,000年後の福厳寺を
どんな環境のお寺にしたいか?

どんなお寺だったら、皆さんがお参りしやすい環境にあり、
そして親から子へ、子から孫へと代々大切なお寺とのお付き合いができ、
お寺参りをすることができるのかということを熟考し、福厳寺の環境を
整えています。

その一つのプロジェクトが、木を植えることです。

福厳寺の本堂の伽藍の周りには、昔の自然がそのまま残っている山が
広がっています。ヒノキや松や紅葉や銀杏、何百年も前から生えている
木もたくさんあります。

それだけではありません。たくさんの木々の根元の地面には、見たことも
無いような小さな草花がびっしり咲いているのです。

山の中を歩いていると、キツネをよく見かけます。先日も職員が、山の中の
静かな草むらの中で、お母さんキツネと子ギツネが寄り添っているのを見かけ
ました。

今では本当に貴重な自然が、福厳寺の境内には残っているのです。だからこそ、
山の管理と同時に植林をしながら大切な自然を守り残していきたい。

そんな想いを込めて、福厳寺では葬儀や千手堂の永代供養をされる方に、
一つのご提案をしています。

福厳寺の山へ木を植えていただき、その木(亡くなられた方の木)の成長を
見守りながら永代に渡ってご先祖様への感謝の気持ちを代々繋いでいただく
というものです。

亡くなられた方のお墓参りはもちろんですが、お子さんやお孫さんへ、
「この木は、おじいちゃんの木なんだよ。大切に見守ってあげようね」と、
家族みんなで手を合わせる。

代々ご先祖様への感謝の気持ちを、おじいちゃんの木を見るたびに思い出し、
受け継いでいくのは素敵なことだと思いませんか。

10年後、20年後、30年後、そして100年後・・・大切なおじいちゃんの
お名前が刻まれた木が福厳寺の歴史に残ります。

ご家族の皆さんが、故人への感謝の想いを込めて植えた木は、必ず素晴らしい森
を成していくに違いありません。

そんな福厳寺の「鎮魂の森」プロジェクトが、いよいよスタートします。

今から想像すると、職員の私もワクワクします。

【福厳寺職員より】

お釈迦様の体が刻まれる!?

福厳寺とご縁を育む「慈縁の会」がスタートします

関連記事

  1. 「観光にきたみたいです」

    すっきりと晴れた、爽やかな11月の朝。たまたま通りすがりにお参りの方とすれ違いました。…

  2. 今を精一杯生きる

    私の好きな景色の一つに庫裏から見える庭園があります。先日、誰かに見られているような気がして振り返ると…

  3. 月命日のお参り

    福厳寺には、会員さんみなさんの寺位牌をお祀りしている「千手堂」があります。千手堂に、毎月欠か…

  4. 観音様と虹

    この夏の時期は小牧市、春日井もよく落雷があります。この福厳寺にも落雷が何度か。。。パ…

  5. お供え(御霊膳レシピ)

    お供えするとき、忘れてはいけない大切なことそれは「故人への感謝の気持ち」です。今、自分たちが…

  6. 遊びと学びと体験がテーマ「山林部」活動報告

    山林部は子供も含め、13名でのスタートとなりました。最初は緊張されていらっしゃった表情も、晴れ晴れと…

  7. お布施って何?なぜお寺にお金を払うの?(動画)

    法事の時、お寺に納めるお布施はいくらくらい用意したら良いのですか?そもそもお布施とは何なんで…

  8. 戒名を変更できますか?

    昨年、95歳で大切なお父様を亡くされたKさんより、先日お電話がありました。「昨年亡くなった時に住…

PAGE TOP