命のつながり

自分の命の中に、もう1つの命がある。その命がしっかりと自分の意思を持って生きている。

とても不思議で神秘的な感覚です。

お子さんを持つお母さんなら誰もが経験したことがあるのではないでしょうか?

普段私たちは何気なく生活していますが、実は生きていること自体が奇跡の連続の上で成り立っているのだと最近強く思うのです。

そしてそれは決して自分一人の力ではない。

常に誰かに愛され、支えられているからこそ。

その一番はやはり家族、父母ではないでしょうか。

見返りを求めない無償の愛情で育て、見守ってくれる。

親子の関係、想いは生きている間はもちろん、亡くなってしまっても続いていると思うのです。

自分も命のつながりの一端を担っていること、そして何よりご先祖様への感謝を忘れてはならないと改めて思います。

「お骨を預かってもらえますか?」永代供養はいつ頼むべきなのか

お墓購入は、相続税の節税になります

関連記事

  1. お釈迦様の体が刻まれる!?

    命をいただくという意識「命をいただく」ということを、あなたは意識したことがありますか?私も福…

  2. 言葉のちから

    「おはようございます。よろしくお願いします!」朝、お寺に行って初めて職員同士が交わす言葉です…

  3. じっくり見ると、気づくこと

    この間までの桜の季節が通り過ぎ、今では福厳寺境内も新芽の緑で満たされています。春のピンクも良…

  4. なぜ、おじぎをするのですか?

    福厳寺にお参りに来た方に尋ねられたことがあります。「そういえば、どうしてだろう・・・」と考え…

  5. 心が入れ替わります

    「うわぁ...」圧倒された表情で静かに千手堂へ足を踏み入れた女性は、その場で深く合掌しな…

  6. お墓を持つことの意味

    今年のお彼岸は晴天に恵まれ、お墓参りをするにはちょうどよいお天気でしたね。お盆が過ぎ、再びお…

  7. 納骨の儀|僧侶が想うこと

    先日、納骨の儀式に参加させていただきました。納骨の際、墓石の前でお骨を見た時、なんとも言えな…

  8. 命の鼓動

    つい先日、12月13日(火)の午前10時過ぎ、予想もしなかったことが突然起こりました。まだか…

“大愚.com“
PAGE TOP