命のつながり

自分の命の中に、もう1つの命がある。その命がしっかりと自分の意思を持って生きている。

とても不思議で神秘的な感覚です。

お子さんを持つお母さんなら誰もが経験したことがあるのではないでしょうか?

普段私たちは何気なく生活していますが、実は生きていること自体が奇跡の連続の上で成り立っているのだと最近強く思うのです。

そしてそれは決して自分一人の力ではない。

常に誰かに愛され、支えられているからこそ。

その一番はやはり家族、父母ではないでしょうか。

見返りを求めない無償の愛情で育て、見守ってくれる。

親子の関係、想いは生きている間はもちろん、亡くなってしまっても続いていると思うのです。

自分も命のつながりの一端を担っていること、そして何よりご先祖様への感謝を忘れてはならないと改めて思います。

「お骨を預かってもらえますか?」永代供養はいつ頼むべきなのか

お墓購入は、相続税の節税になります

関連記事

  1. 台風の爪痕から教わったこと

    昨夜、猛烈な雨と風が吹き荒れ、建物が壊れないかとても不安な夜を過ごしました。そして今朝、福厳…

  2. 食材の命に感謝して「禅料理部」活動報告

    「食材の命に感謝をして、いただく」をテーマに始まった禅料理部。福厳寺に自生している野草や植物…

  3. 「永代供養の資料はありますか?」

    今朝も、直接福厳寺へご夫婦でみえて、受付にいらっしゃった方がありました。毎日、お電話でも永代…

  4. 行事報告:転読大般若祈祷会(平成27年1月3日)

    小牧で最低気温がマイナス1度を記録した1月3日、今年も大変な熱気の中、恒例の「転読大般若」がとり行わ…

  5. お布施って何?なぜお寺にお金を払うの?(動画)

    法事の時、お寺に納めるお布施はいくらくらい用意したら良いのですか?そもそもお布施とは何なんで…

  6. はじめての樹木葬

    なぜ今、樹木葬?近年、雑誌やテレビなどで取り上げられる機会が増え、「樹木葬(じゅもくそう)」…

  7. 雨は良いもの?悪いもの?

    最近はよく雨が降りますね。秋の長雨とはよく言ったものです。台風も近づいているので、心配です。…

  8. お墓を持つことの意味

    今年のお彼岸は晴天に恵まれ、お墓参りをするにはちょうどよいお天気でしたね。お盆が過ぎ、再びお…

“大愚.com“
PAGE TOP