台風の爪痕から教わったこと

昨夜、猛烈な雨と風が吹き荒れ、建物が壊れないかとても不安な夜を過ごしました。

そして今朝、福厳寺境内を歩いてまわると、境内の建物が壊れているようなところはなさそうでしたが、太い木の幹ごと折れていたり、ものすごい量の木の葉が散乱していました。

福厳寺境内のなかにひっそりと佇む秋葉神殿へ続く参道も、隙間なく杉の枝葉で埋もれています。

いったい、どれくらい強い風が吹いていたのだろうと、想像すると怖いくらいです。

本堂前の石畳の上も、砂利の上も、吹き荒れた風によって折れた枝葉で埋め尽くされていました。

竹ほうきで履きながら、掃除をしていたときのことです。

砂利の上の杉を、力を入れながら掃いていると、中から小さな紅葉が顔を出しました。

石と石の間から、小さく芽を出したばかりの、赤ちゃん紅葉です。

力を入れて散らばった杉を掃いていたので、傷をつけてしまったかなと心配でしたが、無事に元気に太陽に向かって顔を出していました。

ほっとしました。

散乱した枝葉がたくさん散らばっているので、急いでやろうとして竹ほうきを大きく動かしていましたが、その中に大切にしなければいけない命が育っていたのです。

急いでいても丁寧にほうきをこまめに動かし、大切に扱う心を忘れない。

そんな大切な心を、改めて気づかせていただきました。

【福厳寺職員の気づきより】

お香典の意味

お彼岸なので、お墓の掃除に

関連記事

  1. キツネ

    ここのところ、福厳寺境内の中ではキツネをよく見かけます。朝、福厳寺の駐車場に車を止めようとす…

  2. 行事報告:福厳寺秋葉大祭(平成26年12月14日)

    秋葉大祭の三本柱である「祈り・火渡り・祭り」のすべてを、大きく改革しました。福厳寺秋葉神…

  3. 「坊主丸儲け」って本当?お寺の職員が真実を語ります

    「大きい声では言えないけれど、実際そうですよね?」と思われている方も多いのではないでしょうか。ことわ…

  4. そろそろ冬支度が始まりました

    福厳寺境内の山門のすぐ隣には、桃畑が広がっています。毎年初夏になると、青々と細長い桃の葉が生い茂…

  5. 1年の計は、前年の暮れにある

    早いもので、今年ももう、残すところあと2ヶ月をきりました。昔から「一年の計は元旦にあり」と言…

  6. 行事報告:お盆の施餓鬼会(平成27年8月6・7・8日)

    本堂に集まったたくさんの会員さんやご家族が静かに見守る中、夕方6時から総勢9名のお坊さんたちによるお…

  7. お盆のお塔婆は、どうしたらいいですか?

    「お寺さんにお盆の施餓鬼法要を頼んであるのですが、お盆のときのお塔婆ってお墓にお供えするのですか?」…

  8. 【慈縁の会】第1回活動報告:温かいご縁がつながりました

    慈縁の会が動き始めました先日の6月3日(土)、福厳寺慈縁の会の第1回目が行われました。会…

“大愚.com“
PAGE TOP