住職退任のご挨拶

busan2この度80歳になったことを期に、平成26年12月末日をもって住職を退任し、弟子元勝に譲位することに致しました。
私の福厳寺在住の40年はまさに激動の時代でした。
急速に変化する社会情勢を見据え、檀家制度を会員制度に改め、点在する土葬墓地を新墓地に集結改葬し、伽藍や庭園を全面改築するなど、新時代に向けての土台作りに専念致しました。
すべては、広大な境内と伽藍を護持するための各家の負担を減らし、老若男女が安心して参拝できる、明るい寺を目指してのことでした。
昭和50年の住職就任以来、40年の永きに渡って大過なく任を果たすことが出来ましたのは、皆様のご協力のおかげと、感謝しております。
最後に後任住職への変わらぬご支援をお願いして、退任の挨拶と致します。
有り難うございました。
合掌 高瀬 武三

 

福厳寺第30世 高瀬 武三 略歴プロフィール

1takemi936年小牧生まれ。駒沢大学仏教学部禅学科卒業。 同大学大学院修士課程、東北大学大学院博士課程修了。 駒沢大学、鶴見女子大学、愛知学院大学の講師、仏教伝道協会事務局長、大本山総待寺講師を経て、1975年福厳寺第30世住職となる。仏教伝道協会事務局長時代にはダライラマ14世との交流もあり、その時ダライラマから贈られた教典、仏像、仏舎利等は、現在も福厳寺の仏舎殿に祀ってある。

 

高瀬武三住職が行った事業

●昭和51年:3月学校法人福厳寺学園を設立、同年4月に太陽幼稚園を開設。
●昭和52年12月19日:先師佛山信成大和尚御遷化を受けて、檀信徒葬を本寺、森の大洞院住職を導師に招いて盛大に行う。この年より秋葉様の火渡神事を12月の第2日曜日に変更。
●昭和53年:秋葉総本殿の改築工事に着手し、同時に門前の池に300トンの石を投入して庭園とし、更に歴代住職の墓を全面改修。
●昭和54年:2月に本堂前の庭園、福聚苑と玉堂苑を造り、秋葉様参道脇に珍種の竹林を造り、庫裏東口に亀甲竹林を造る。4月に秋葉本殿修築竣工落慶法要を稚児500人を集めて行う。12月福厳寺の檀家を解散して護持会を結成し、会員制度の寺とする。
●昭和55年:1月に本堂屋根銅版葺き替え完了。3月本堂前浜縁新築完了。8月山門両脇白壁土塀改築完了。10月福厳寺霊園第一期工事着工。12月書院、本堂を取り巻く濡れ縁回廊新築完了。
●昭和56年:3月秋葉三尺坊修験者立像、烏天狗立像修理完了。4月福厳寺霊園第一期工事、226区画完成。7月本堂畳替え166畳完了。
●昭和57年:4月地獄極楽絵図、六曲金屏風5組購入。9月開山堂、お倉内部の大修理。12月福厳寺庫裏大改築契約を松井建設と締結。
●昭和58年:2月庫裏改築の起工式を行う。5月プレハブ倉庫新築。6月裏庭を前面改造する。8月庫裏工事完了引渡し。
●昭和59年:2月池の下の稲垣耕一氏の畑、210坪を購入して駐車場とする。3月金剛水手洗い屋形完成。11月金剛水水源の社完成。
●昭和61年:9月松井建設に本堂、山門の改築、位牌堂新築の設計、施工を依頼する。ミナベ測量に福厳寺霊園建設の測量設計を依頼する。
●昭和62年:3月本堂改装、位牌堂新築契約を松井建設と締結。4月福厳寺史伝出版。6月位牌堂新築着工。秋葉殿札所増築完成。
●昭和63年:1月本堂内陣欄間を台湾より購入。本尊様、脇侍文殊菩薩、普賢菩薩の修理完成。2月本堂完成引渡し。
●昭和64年(平成元年):3月山門(総欅)新築、信徒館新築工事契約を締結。4月晋山式、受戒会挙行計画を発表。念仏聖典を出版。11月5日晋山式、稚児1120人を集めて大盛会、6・7・8日新企画受戒会、戒弟、正戒員750人。因戒300人。
●平成2年:4月福厳寺文化教室を開設。5月念仏講座を開設。
●平成3年:4月平和の像(1円玉60万枚)を新作し、その屋形を建設。6月村内に散在する墓地を統合するための準備委員会を結成。
●平成4年:11月福厳寺の墓地改葬公示を朝日、毎日新聞にて行う。
●平成5年:1月墓地改葬申請を小牧市に提出。7月無縁墓地の上に立てる金の観音像と10体の地蔵様を建造。
●平成6年:7月福厳寺霊園完成。
●平成7年:4月福厳寺霊園中央に大香炉完成。7月庫裏の一部内装改造。10月開山堂改造。
●平成8年:11月落ちた偶像出版。12月台湾より十六羅漢像を購入。
●平成11年:5月高浜塩前寺全面改造完成、6月福厳寺歴住墓地整備完了。
●平成14年:1月観音寺全面改造に入る。
●平成15年:9月観音寺の全面改造工事完了。
●平成16年:1月薬王寺の屋根替え、内装の全面改造。外周の石積み,入口参道を付け替え新築。
●平成19年:8月新参道開通、福厳寺前の信号付き交差点で切る。10月福厳寺東入口に東司新築。
●平成20年:2月福厳寺参道に槐の並木を植樹する。5月秋葉本殿を増築。10月観音寺奥の院を新築。

福厳寺からのお知らせ(平成26年12月)

住職就任のご挨拶

関連記事

  1. 行事報告:お盆の施餓鬼会(平成27年8月6・7・8日)

    本堂に集まったたくさんの会員さんやご家族が静かに見守る中、夕方6時から総勢9名のお坊さんたちによるお…

  2. 月命日のお参り

    福厳寺には、会員さんみなさんの寺位牌をお祀りしている「千手堂」があります。千手堂に、毎月欠か…

  3. 行事報告:転読大般若祈祷会(平成27年1月3日)

    小牧で最低気温がマイナス1度を記録した1月3日、今年も大変な熱気の中、恒例の「転読大般若」がとり行わ…

  4. 大切な故人の「魂」を受け継いで

    今から500年後、1,000年後、福厳寺は、こういうお寺でありたい。福厳寺では住職をはじめ、…

  5. 「豊かな自然と美しい庭園の寺」 を目指して

    豊かな自然と触れ合い人間らしさを取り戻す場所福厳寺550周年記念事業の一つのテーマに、「豊かな自…

  6. 1年の計は、前年の暮れにある

    早いもので、今年ももう、残すところあと2ヶ月をきりました。昔から「一年の計は元旦にあり」と言…

  7. 今を精一杯生きる

    私の好きな景色の一つに庫裏から見える庭園があります。先日、誰かに見られているような気がして振り返ると…

  8. 「お墓開き」のお供えは?

    先日も、福厳寺の会員さんより問い合わせのお電話がありました。お墓開きは、亡くなられてから1周…

PAGE TOP