仏さまにお花を飾るのは、大切な供養です

夏場、お仏壇のある家は、おそらく悩みの種の一つではないでしょうか。

お仏壇にお花を飾っても、すぐに枯れてしまったり花瓶のお水が濁り、手を合わせていると心地よくない香りが漂ってきたり・・・

福厳寺は本堂の他に、会員の方たちのお位牌が並ぶ千手堂、御開山さまのお位牌をお祀りしてある開山堂など、お花をお供えするところがたくさんあります。

毎朝、きちんとお水を取り替えて枯れてしまったお花を取り除き、きれいに挿し替えて仏さまのところへお供えするよう心がけています。

忙しいと、ついつい後になってしまいがちなのですが、それではいけないなと心に刻んだ大切なお話を先日、福厳寺住職よりいただきました。

あなたは、なぜお仏壇の仏さまのところにお花をお供えするのかご存知ですか?

私もつい先日知ったのですが、お花は、とてもいい香りを持っています。仏さまのところへ「いい香り」をお供えすることで、最高のご供養の一つになるのだそうです。

このお話を伺って、毎朝きちんと花瓶のお水を替えたいと思いました。

私たちも、いい香りのきれいなお花が咲いているところには、ついつい近寄りたくなりますし、心が和みます。

いつも見守ってくださっている仏さまやご先祖さまのことを大切に想い、毎日いい香り漂うお花をお供えしたいと思います。

大きなことではなく、小さくても毎日できることをきちんと丁寧に続けていくことが大切だとつくづく感じました。

 

[福厳寺職員の気づきより]

 

「主人のお骨を納骨したいのですが・・・」|永代供養で救われた女性の話

彼岸慰霊祭〜「なぜ、手を合わせてお参りするの?」

関連記事

  1. 「日本のお盆」にかくされた3つの意味

    木蓮尊者のお話は、今を生きている私たちが心がけたい教えを説いた例え話です。私たちは毎日、木蓮…

  2. 葬儀の意味

    「お金がないので、お坊さん1人、直葬という形を福厳寺さんではお願いできますか?」先日も、この…

  3. 見直されるべきお盆3つの教え(動画)

    お盆になると、盆踊りや、灯籠流し等のお盆の行事が各地で行われますが、そもそもお盆とは何なんでしょうか…

  4. 信頼できる葬儀社の見極め方

    大切なご家族が亡くなり、お葬式をすることになったとき、あなたはどのようにして葬儀社を選びますか?…

  5. 言葉のちから

    「おはようございます。よろしくお願いします!」朝、お寺に行って初めて職員同士が交わす言葉です…

  6. そろそろ冬支度が始まりました

    福厳寺境内の山門のすぐ隣には、桃畑が広がっています。毎年初夏になると、青々と細長い桃の葉が生い茂…

  7. じっくり見ると、気づくこと

    この間までの桜の季節が通り過ぎ、今では福厳寺境内も新芽の緑で満たされています。春のピンクも良…

  8. 面倒くさくて、何もやりたくないときは

    仕事も食事を作ることも洗濯も掃除も・・・全部面倒くさくてやりたくないことがあります。あなたは…

“大愚.com“
PAGE TOP