今を精一杯生きる

私の好きな景色の一つに庫裏から見える庭園があります。先日、誰かに見られているような気がして振り返ると一輪のあやめが咲いているのを見つけました。
誰に教えられることもなく、時期が来たら花を咲かせ、誰に褒めてもらうためでもなく、隣の花と競うこともなく、ただ精一杯に美しく咲き、凛と佇む姿に心を奪われました。
私自身はどうなのかと。人の目を気にして、見栄を張って、今をおろそかにしてしまってはいないだろうか?人の評価を気にして生きていくのではなく、今に幸せを感じながら今を精一杯生きたいと思いました。

[福厳寺職員の気づきより]

カタツムリに学ぶ気持ちの持ち方

観音様と虹

関連記事

  1. 行事報告:福厳寺の送り火(平成27年8月16日)

    8月16日(日)、福厳寺本堂で送り火が行われました。送り火とは、お盆の期間中帰ってきていたご先祖…

  2. カタツムリに学ぶ気持ちの持ち方

    夜に大雨が降った次の朝、ヤギ小屋掃除のため福厳寺の山へ行く途中のことでした。直径10センチはありそう…

  3. 「清く、美しく」の象徴

    この間の5月の終わりのことです。福厳寺の池に、蓮の花を咲かせるプロジェクトが始動しました。…

  4. 雨は良いもの? 悪いもの?

    6月のある日曜日のこと。その日はいつものごとく法要が連続しており、たくさんの方々がお参りに来られ…

  5. 日々、学ばせていただいています

    「珍しいですね、かわいい!撫でてもいいですか?」法要にみえる方々から毎週のように撫でてもらっ…

  6. 実りの季節

    もうすぐ稲刈りの季節ですね。福厳寺がある大草地区の田んぼも少しずつ稲が金色に輝いてきました。…

  7. 門松の命が、再び

    お寺の山門には毎年立派な門松が飾られます。本年度は福厳寺境内を手入れしてくださる庭師さんに私…

  8. じっくり見ると、気づくこと

    この間までの桜の季節が通り過ぎ、今では福厳寺境内も新芽の緑で満たされています。春のピンクも良…

PAGE TOP