今を精一杯生きる

私の好きな景色の一つに庫裏から見える庭園があります。先日、誰かに見られているような気がして振り返ると一輪のあやめが咲いているのを見つけました。
誰に教えられることもなく、時期が来たら花を咲かせ、誰に褒めてもらうためでもなく、隣の花と競うこともなく、ただ精一杯に美しく咲き、凛と佇む姿に心を奪われました。
私自身はどうなのかと。人の目を気にして、見栄を張って、今をおろそかにしてしまってはいないだろうか?人の評価を気にして生きていくのではなく、今に幸せを感じながら今を精一杯生きたいと思いました。

[福厳寺職員の気づきより]

カタツムリに学ぶ気持ちの持ち方

観音様と虹

関連記事

  1. お釈迦様の体が刻まれる!?

    命をいただくという意識「命をいただく」ということを、あなたは意識したことがありますか?私も福…

  2. 福厳寺と竹灯籠

    福厳寺の今年の送り火では500個以上の竹灯籠に火が灯されました。竹灯籠は竹を斜めに切り、その竹の中に…

  3. 修行がもたらす効果

    「修行」に本格的に取り組んだことがある人はあまりいないと思いますが、「修行」という言葉を聞くと、「私…

  4. 納骨の儀|僧侶が想うこと

    先日、納骨の儀式に参加させていただきました。納骨の際、墓石の前でお骨を見た時、なんとも言えな…

  5. お寺の中に、なぜ神殿があるのですか?

    きっとあなたも、不思議に思われたかもしれません。「540年の歴史ある古いお寺だから、一度訪れ…

  6. 見直されるべきお盆3つの教え(動画)

    お盆になると、盆踊りや、灯籠流し等のお盆の行事が各地で行われますが、そもそもお盆とは何なんでしょうか…

  7. 慈縁の会3回目のご報告

    「明日は晴れるかな?雨だったらどうしよう…」という心配をしながら迎えた、8月5日の土曜日。当…

  8. 住職退任のご挨拶

    この度80歳になったことを期に、平成26年12月末日をもって住職を退任し、弟子元勝に譲位することに致…

“大愚.com“
PAGE TOP