今を精一杯生きる

私の好きな景色の一つに庫裏から見える庭園があります。先日、誰かに見られているような気がして振り返ると一輪のあやめが咲いているのを見つけました。
誰に教えられることもなく、時期が来たら花を咲かせ、誰に褒めてもらうためでもなく、隣の花と競うこともなく、ただ精一杯に美しく咲き、凛と佇む姿に心を奪われました。
私自身はどうなのかと。人の目を気にして、見栄を張って、今をおろそかにしてしまってはいないだろうか?人の評価を気にして生きていくのではなく、今に幸せを感じながら今を精一杯生きたいと思いました。

[福厳寺職員の気づきより]

カタツムリに学ぶ気持ちの持ち方

観音様と虹

関連記事

  1. そろそろ冬支度が始まりました

    福厳寺境内の山門のすぐ隣には、桃畑が広がっています。毎年初夏になると、青々と細長い桃の葉が生い茂…

  2. お盆のお塔婆は、まだお焚き上げしてもらえますか?

    先日、福厳寺の会員さんよりお問い合わせのお電話がありました。福厳寺では毎年8月16日の17時…

  3. 離檀料はいくらですか?

    「この間テレビで、お寺を変わりたいといったら高額な離檀料を請求されたって聞きまして・・・」先…

  4. 「亡くなった息子の遺骨を手放せない」

    「3歳で亡くなった息子。生きていればもう10歳。私の心の中にはぽっかりと大きな穴があいてしまって…

  5. 家族葬にしたいのですが・・・

    福厳寺の会員さんより、「家族葬」という形でお葬式をすることはできますか?という問い合わせのお電話をい…

  6. 見直されるべきお盆3つの教え(動画)

    お盆になると、盆踊りや、灯籠流し等のお盆の行事が各地で行われますが、そもそもお盆とは何なんでしょうか…

  7. お香典の意味

    お通夜やお葬式のときに持っていくものの一つに、お香典があります。お香典という言葉には、どのよ…

  8. 台風の爪痕から教わったこと

    昨夜、猛烈な雨と風が吹き荒れ、建物が壊れないかとても不安な夜を過ごしました。そして今朝、福厳…

“大愚.com“
PAGE TOP