お箸の意味

お箸には、神仏が宿っていることをご存知ですか?例えば神社に行くと、よく橋がかかっていますよね。

橋=「ここを超えると、神様のいらっしゃるところです」という合図のようなもので、あの世とこの世をつなぐ意味が含まれているそうです。

同じ発音の「箸」も同じです。お箸=ご飯と口の架け橋。口に運ぶ箸先は私たち人間。もう片方の端は、神様のものという意味があります。
箸は、弥生時代に中国大陸から伝わり、最初はお祭り行事や儀式などに使用されていました。神様に食物を捧げる道具として使われていたようです。私たちが神様にお供えし、それをありがたくいただくことで、食べ物に宿った神様の力をいただけると昔の方は考えていました。そのためお箸をとても大事にされていたのです。つまりお箸は、私たち人間と神様をつなぐもの。

だから今になってよくわかります。「ちゃんと箸を持ちなさい」「きちんとした箸の持ち方を覚えなさい」と、私も小さな頃何度も祖父に言われました。

お箸は単に食べ物をいただく道具ではなく、昔から伝わる神仏を大切にする心を代々伝えていくものだったのですね。

改めて、お箸を持って食事をいただくときに感謝の気持ちを持ちたいと思いました。

[職員の気づきより]

感じる福厳寺

カタツムリに学ぶ気持ちの持ち方

関連記事

  1. 言葉がけ

    大切なご家族を亡くされ、お葬式が終わったあと、故人へのさまざまな想いが湧き出てくると思います。…

  2. 小雨が降った朝のイルミネーション

    福厳寺の境内の中は、自然が広がっているため蜘蛛の巣がたくさんあります。お寺にお参りに来る方か…

  3. ITを使って人生を楽しく!「パソコン・スマホ部」活動報告

    パソコン部は「ITを使って人生を楽しく!」をテーマに、パソコンやスマホの機能に振り回されるのではなく…

  4. 裏切られるほど、相手を愛おしく思う

    福厳寺の御本尊は、聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)です。一般的に「観音さま」といわれて…

  5. カタツムリに学ぶ気持ちの持ち方

    夜に大雨が降った次の朝、ヤギ小屋掃除のため福厳寺の山へ行く途中のことでした。直径10センチはありそう…

  6. 福厳寺と竹灯籠

    福厳寺の今年の送り火では500個以上の竹灯籠に火が灯されました。竹灯籠は竹を斜めに切り、その竹の中に…

  7. お盆のお塔婆は、どうしたらいいですか?

    「お寺さんにお盆の施餓鬼法要を頼んであるのですが、お盆のときのお塔婆ってお墓にお供えするのですか?」…

  8. 【慈縁の会】第1回活動報告:温かいご縁がつながりました

    慈縁の会が動き始めました先日の6月3日(土)、福厳寺慈縁の会の第1回目が行われました。会…

PAGE TOP