カタツムリに学ぶ気持ちの持ち方

夜に大雨が降った次の朝、ヤギ小屋掃除のため福厳寺の山へ行く途中のことでした。直径10センチはありそうな、大きなカタツムリが坂道を登っていました。今まで見たことがないくらいの大きさにびっくりしましたが、もうひとつ不思議なことに気づきました。

よく見ると、何か足跡のようなものがずっとコンクリートの道の上にできています。ぴったり均等な間隔で、何か目印を打っているかのようでした。ゆっくり這っているカタツムリを食い入るように覗いていると、背中の殻の真下くらいから何か汁のようなものを出している様子でした。コンクリートの道の上に滲む模様をみても、ほぼ全部均等な〇の形。きっと何かの道しるべをつけているのかなと思いました。

ゆっくりだけど確実に、正確に歩みを進めていく姿を見て、人の生き方に通じるものを感じました。人はいろいろな感情が邪魔をして、一つのことに素直に一所懸命になれないことがよくあります。そんなとき、福厳寺にいる様々な動物たちから学ばせていただき、思い直す機会をいただいています。

[福厳寺職員の気づきより]

お箸の意味

今を精一杯生きる

関連記事

  1. 福厳寺が心地よい理由

    薪ストーブが福厳寺寺務所に設置されて約1年が経過しました。薪は福厳寺の山に生えている木を伐採し、…

  2. 納骨の儀|僧侶が想うこと

    先日、納骨の儀式に参加させていただきました。納骨の際、墓石の前でお骨を見た時、なんとも言えな…

  3. 実りの季節

    もうすぐ稲刈りの季節ですね。福厳寺がある大草地区の田んぼも少しずつ稲が金色に輝いてきました。…

  4. 食材の命に感謝して「禅料理部」活動報告

    「食材の命に感謝をして、いただく」をテーマに始まった禅料理部。福厳寺に自生している野草や植物…

  5. 遊びと学びと体験がテーマ「山林部」活動報告

    山林部は子供も含め、13名でのスタートとなりました。最初は緊張されていらっしゃった表情も、晴れ晴れと…

  6. 彼岸慰霊祭〜「なぜ、手を合わせてお参りするの?」

    昨日、福厳寺の墓地「第Ⅱ霊園」と「福聚苑」で、お彼岸の法要が行われました。毎年3月と9月の年…

  7. 「強くあること」の意味

    福厳寺には、黒のシバ犬「モモ」と、雑種「ウメ」の雌犬2匹がいます。春のぽかぽかした青空の下、…

  8. 【小牧・春日井版】お葬式から49日法要までの流れと手順

    「昨夜、父が突然・・・」あなたは、もし大切なご家族を突然亡くされたら、どうしますか?誰に…

“大愚.com“
PAGE TOP