のんびり、ゆっくりできますね

先日の午後、74歳の男性が福厳寺境内の中を散歩されていらっしゃいました。

カメラをお持ちで、境内の青々と繁る紅葉を撮っていらっしゃったときに、たまたまご挨拶をして、お話をする機会がありました。

お話を伺うと、Iさんは犬山市から車でみえたそうです。いつも仕事で、福厳寺前の155号の道路を通っていたそうです。

金の観音様が立っている前を通るたびに、運転中だから実際に手を合わせることはできないけれど、心の中でそっと手を合わせながらいつも車で通っていたのですよとお話をしてくださいました。

「観音様の前をいつも通っていたけれど、こんなに大きなお寺があったなんて、知りませんでした。今日は来れてよかったです。こんなにのんびり、ゆっくり散歩できたのは、何日ぶりだろう…」

池の前から福厳寺の境内を望み、そう呟かれました。

そして昨日も、お参りにみえた40代の女性の方からお声をいただきました。

「静かに心落ち着きたいときは、必ずここに来てお参りさせていただくのです」とおっしゃられていました。

毎週毎週、仕事の合間に福厳寺へ来山され、本堂と秋葉神殿の前で熱心に手を合わせられている方もあります。

「ここへ来ると、本当に心が落ち着くのです。何でなのでしょうね・・・」と、尋ねられることがよくありますが、きっとそれは、福厳寺の歴史、環境、自然などすべての要因が重なり合って、他にはないものを作り出しているのかもしれません。

福厳寺境内に一歩入っただけで、すぐ前を車の激しい道路が通っているなんて、考えられないくらい静かです。

心穏やかに、たまにはのんびりゆっくり過ごしたい方はぜひ、山門の前の池のベンチに座って境内を眺めてみてくださいね。

福厳寺はまさに、別世界です。

【福厳寺職員の気づきより】

永代供養をしたいのですが…

月命日のお参り

関連記事

  1. お墓購入は、相続税の節税になります

    もし、あなたが墓地の購入を迷っているなら、今すぐ購入を決めた方がよいかもしれません。お墓やお仏壇…

  2. 観音様と虹

    この夏の時期は小牧市、春日井もよく落雷があります。この福厳寺にも落雷が何度か。。。パ…

  3. 「お墓開き」のお供えは?

    先日も、福厳寺の会員さんより問い合わせのお電話がありました。お墓開きは、亡くなられてから1周…

  4. 「坊主丸儲け」って本当?お寺の職員が真実を語ります

    「大きい声では言えないけれど、実際そうですよね?」と思われている方も多いのではないでしょうか。ことわ…

  5. 由緒ある寺の参道が長い理由

    お寺では車イスやよほど足の悪い方を除いて、山内への車の乗り入れを制限している。すると中には、「駐…

  6. 福厳寺の朝の香り

    福厳寺の本堂脇に応接室があります。応接室には大きな窓ガラスが両脇にあるのです。引き戸になって…

  7. 行事報告:秋の彼岸会(平成27年9月13日)

    9月13日の日曜日の午後、少し秋めいてきた穏やかな日差しが降り注ぐ中、福厳寺の彼岸会(慰霊祭)が行わ…

  8. 命の鼓動

    つい先日、12月13日(火)の午前10時過ぎ、予想もしなかったことが突然起こりました。まだか…

“大愚.com“
PAGE TOP