そろそろ冬支度が始まりました

福厳寺境内の山門のすぐ隣には、桃畑が広がっています。

毎年初夏になると、青々と細長い桃の葉が生い茂り、夏に近づくにつれて青い小さな桃の実が
だんだんピンク色に染まっていきます。

毎年6月から7月くらいの間は、甘い桃の香りが福厳寺境内に漂っています。

お寺の中にいても風に乗って桃の香りがふわっと漂ってくるので、とても幸せな気分になります。

けれど、たわわに実る桃も8月を過ぎるとだんだん終わりに近づいてきます。

そして今は、来年また大きくて甘い桃の実をつけるための大切な準備期間。

寒くなる冬に備えてでしょうか。今日の夕方、桃畑の脇を通ると、一本一本の木の根元には
たくさんの藁の束が置かれていました。

藁は寒さ対策だけでなく、雑草も防いでくれる効果があるのだそうです。

また来年も、甘くて美味しい桃の香りが福厳寺にもたくさん届きますように・・・

桃の季節が待ち遠しいです。

【福厳寺職員の気づきより】

裏切られるほど、相手を愛おしく思う

お釈迦様の木のこと、ご存知ですか?

関連記事

  1. 法要のとき、何を持っていけばいいですか?

    毎週土曜日や日曜日の午前中、福厳寺では何軒も法要が行われます。法要の前日になると、必ずご家族…

  2. お墓は、いつまでに建てればいいですか?

    「先月に主人が亡くなり、来月末に忌明けを迎えます。まだお墓がないので、お墓を建てたいと思って…

  3. お彼岸なので、お墓の掃除に

    今朝、福厳寺の山門へ続く通り道を歩いていると、一人の男性が一所懸命カメラのレンズを調節していました。…

  4. お盆のお塔婆は、まだお焚き上げしてもらえますか?

    先日、福厳寺の会員さんよりお問い合わせのお電話がありました。福厳寺では毎年8月16日の17時…

  5. 小雨が降った朝のイルミネーション

    福厳寺の境内の中は、自然が広がっているため蜘蛛の巣がたくさんあります。お寺にお参りに来る方か…

  6. なぜ法事をするの?(動画)

    大切な人が亡くなったあと、残された家族は、一周忌・三回忌・七回忌と法事を行いますが、「なぜ年忌法事を…

  7. 宗派が違っても、納骨できますか?

    毎週日曜日の13時〜17時まで、福厳寺では永代供養に関する相談会を行っています。この間の日曜…

  8. 行事報告:福厳寺秋葉大祭(平成26年12月14日)

    秋葉大祭の三本柱である「祈り・火渡り・祭り」のすべてを、大きく改革しました。福厳寺秋葉神…

“大愚.com“
PAGE TOP