そろそろ冬支度が始まりました

福厳寺境内の山門のすぐ隣には、桃畑が広がっています。

毎年初夏になると、青々と細長い桃の葉が生い茂り、夏に近づくにつれて青い小さな桃の実が
だんだんピンク色に染まっていきます。

毎年6月から7月くらいの間は、甘い桃の香りが福厳寺境内に漂っています。

お寺の中にいても風に乗って桃の香りがふわっと漂ってくるので、とても幸せな気分になります。

けれど、たわわに実る桃も8月を過ぎるとだんだん終わりに近づいてきます。

そして今は、来年また大きくて甘い桃の実をつけるための大切な準備期間。

寒くなる冬に備えてでしょうか。今日の夕方、桃畑の脇を通ると、一本一本の木の根元には
たくさんの藁の束が置かれていました。

藁は寒さ対策だけでなく、雑草も防いでくれる効果があるのだそうです。

また来年も、甘くて美味しい桃の香りが福厳寺にもたくさん届きますように・・・

桃の季節が待ち遠しいです。

【福厳寺職員の気づきより】

裏切られるほど、相手を愛おしく思う

お釈迦様の木のこと、ご存知ですか?

関連記事

  1. お供え(御霊膳レシピ)

    お供えするとき、忘れてはいけない大切なことそれは「故人への感謝の気持ち」です。今、自分たちが…

  2. 福厳寺のお地蔵様

    手を合わせて、にっこり微笑むお地蔵様。実はこの写真、手作りのお地蔵様なのです。先日、福厳寺永…

  3. 命の鼓動

    つい先日、12月13日(火)の午前10時過ぎ、予想もしなかったことが突然起こりました。まだか…

  4. 涙がこぼれました

    昨日、今年の5月に福厳寺の永代供養を申し込まれた方が、お参りにみえました。80代のご夫婦のご…

  5. 行事報告:秋の彼岸会(平成27年9月13日)

    9月13日の日曜日の午後、少し秋めいてきた穏やかな日差しが降り注ぐ中、福厳寺の彼岸会(慰霊祭)が行わ…

  6. 仏さまにお花を飾るのは、大切な供養です

    夏場、お仏壇のある家は、おそらく悩みの種の一つではないでしょうか。お仏壇にお花を飾っても、す…

  7. 由緒ある寺の参道が長い理由

    お寺では車イスやよほど足の悪い方を除いて、山内への車の乗り入れを制限している。すると中には、「駐…

  8. お仏壇の向きは?

    「お仏壇は北向きに向けない」とよくいわれることがありますが、どこに置いたら一番いいのでしょうか?…

“大愚.com“
PAGE TOP