じっくり見ると、気づくこと

この間までの桜の季節が通り過ぎ、今では福厳寺境内も新芽の緑で満たされています。

春のピンクも良いですが、この季節にしか見られない命の息吹を感じる新緑の季節もまた、
とても心を和ませてくれます。

昨日の朝、福厳寺の池の脇を歩いていると、青々とした紅葉の木に小さな赤い実が
たくさん付いているのに気づきました。

生まれたばかりという雰囲気を漂わせている青紅葉の木に、なぜ赤い実がなっている
のだろうと、木の近くに行って覗いてみました。

すると赤い実ではなく、紅葉の花でした。

紅葉と聞くと、きれいな葉のイメージしかなかったので、紅葉の花をじっくり見ることが
今までありませんでしたが、細かく枝分かれした緑色の葉の下から、守られるかのように
顔を覗かせて咲く小さな白い花。

蕾が赤くて、咲くと白い花が顔を出すようです。

小さくても、よく見ると花びらも雌しべも雄しべもきれいについていました。

この紅葉の花に、教えていただいたことがあります。

それは、もっと小さなことに意識を向けること。

普段忙しいと小さなことまでなかなか気づきません。

けれど小さなことにこそ、気づかなければいけないことがたくさんありそうな感じがします。

それは芝生の上に落ちている小さなゴミを拾うことのように、目に見えることばかりではなく、
私たちが普段接している家族や職場の方たちとの関係にも言えるかもしれません。

ちょっとしたことだけれど、心が和む言葉かけ。

相手が微笑むような心遣い。

もっと小さなことに、意識を向けていこうと思いました。

【職員の気づきより】

今年も、春のアーチができました

「強くあること」の意味

関連記事

  1. 行事報告:お盆の施餓鬼会(平成27年8月6・7・8日)

    本堂に集まったたくさんの会員さんやご家族が静かに見守る中、夕方6時から総勢9名のお坊さんたちによるお…

  2. 裏切られるほど、相手を愛おしく思う

    福厳寺の御本尊は、聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)です。一般的に「観音さま」といわれて…

  3. お盆のキュウリ馬が現代は・・・

    昨日、福厳寺のお盆施餓鬼法要が終了しました。4日間で、延べ850名くらいの家族連れの方たちが…

  4. いよいよ秋葉大祭に向けて準備が始まりました!

    昨日の日曜日の朝7時半、福厳寺の役員さん約15名の皆さんが、作業しやすい服装で来山されました。…

  5. 実りの季節

    もうすぐ稲刈りの季節ですね。福厳寺がある大草地区の田んぼも少しずつ稲が金色に輝いてきました。…

  6. キツネ

    ここのところ、福厳寺境内の中ではキツネをよく見かけます。朝、福厳寺の駐車場に車を止めようとす…

  7. お供え(御霊膳レシピ)

    お供えするとき、忘れてはいけない大切なことそれは「故人への感謝の気持ち」です。今、自分たちが…

  8. お守りの持ち方

    ここ最近、県外からお参りにみえる方がたくさんあります。先日も、北海道や青森、昨日は九州からお…

PAGE TOP