じっくり見ると、気づくこと

この間までの桜の季節が通り過ぎ、今では福厳寺境内も新芽の緑で満たされています。

春のピンクも良いですが、この季節にしか見られない命の息吹を感じる新緑の季節もまた、
とても心を和ませてくれます。

昨日の朝、福厳寺の池の脇を歩いていると、青々とした紅葉の木に小さな赤い実が
たくさん付いているのに気づきました。

生まれたばかりという雰囲気を漂わせている青紅葉の木に、なぜ赤い実がなっている
のだろうと、木の近くに行って覗いてみました。

すると赤い実ではなく、紅葉の花でした。

紅葉と聞くと、きれいな葉のイメージしかなかったので、紅葉の花をじっくり見ることが
今までありませんでしたが、細かく枝分かれした緑色の葉の下から、守られるかのように
顔を覗かせて咲く小さな白い花。

蕾が赤くて、咲くと白い花が顔を出すようです。

小さくても、よく見ると花びらも雌しべも雄しべもきれいについていました。

この紅葉の花に、教えていただいたことがあります。

それは、もっと小さなことに意識を向けること。

普段忙しいと小さなことまでなかなか気づきません。

けれど小さなことにこそ、気づかなければいけないことがたくさんありそうな感じがします。

それは芝生の上に落ちている小さなゴミを拾うことのように、目に見えることばかりではなく、
私たちが普段接している家族や職場の方たちとの関係にも言えるかもしれません。

ちょっとしたことだけれど、心が和む言葉かけ。

相手が微笑むような心遣い。

もっと小さなことに、意識を向けていこうと思いました。

【職員の気づきより】

今年も、春のアーチができました

「強くあること」の意味

関連記事

  1. 幻想的な風景に感動を覚えました

    一昨日の8月16日、夕方5時から毎年恒例の福厳寺送り火が開催されました。当初は雨の予報でした…

  2. 葬儀の意味

    「お金がないので、お坊さん1人、直葬という形を福厳寺さんではお願いできますか?」先日も、この…

  3. 「お骨を預かってもらえますか?」永代供養はいつ頼むべきなのか

    主人のお骨を預けたいのですが、福厳寺さんではお骨を預かってもらえるのですか?先日、50代の女性A…

  4. 「日本のお盆」にかくされた3つの意味

    木蓮尊者のお話は、今を生きている私たちが心がけたい教えを説いた例え話です。私たちは毎日、木蓮…

  5. 行事報告:福厳寺の花まつり(平成27年4月8日)

    福厳寺に隣接する太陽幼稚園の子供たちやお母さん方、そして福厳寺の花まつりに是非参加したいという大勢の…

  6. 【慈縁の会】第1回活動報告:温かいご縁がつながりました

    慈縁の会が動き始めました先日の6月3日(土)、福厳寺慈縁の会の第1回目が行われました。会…

  7. お布施って何?なぜお寺にお金を払うの?(動画)

    法事の時、お寺に納めるお布施はいくらくらい用意したら良いのですか?そもそもお布施とは何なんで…

  8. 「亡くなった息子の遺骨を手放せない」

    「3歳で亡くなった息子。生きていればもう10歳。私の心の中にはぽっかりと大きな穴があいてしまって…

“大愚.com“
PAGE TOP