お釈迦様の木のこと、ご存知ですか?

お釈迦様がお生まれになったとき、悟りを開かれたとき、お亡くなりになられたとき。

この3度のときに、お釈迦様と縁のあった木があります。それを三大聖木(さんだいせいぼく)
と呼ぶそうです。

1つ目は、無憂樹(むゆうじゅ)です。お母さまの摩耶夫人(マーヤー)は、無憂樹を1枝折ろう
としたときに、右脇腹よりお釈迦様が生まれたそうです。

そのため、お釈迦様の誕生日=花まつりのときには、この無憂樹の花を大切にするそうです。
福厳寺では、毎年花まつり参加者の方へ無憂樹の葉をお土産としてお渡ししています。

2つ目は、インド菩提樹(ぼだいじゅ)です。

お釈迦様がこの木の下で座禅を組み、悟りを開いた樹といわれています。

そして3つ目は、沙羅双樹(さらそうじゅ)です。

お釈迦様は、この木のもとで入滅(亡くなった)されたと言われています。

入滅したときの絵、涅槃図には、臥床の4辺に8本の沙羅の木があります。片側4本はお釈迦様が
入滅したことを深く悲しんで枯れてしまい、もう片方の4本はお釈迦様が入滅されても、その教え
をずっと受け継いでいくことを表し、青々と葉を広げ花を咲かせている様子が描かれています。

写真は、沙羅双樹のお花です。お釈迦様の教えが心に響いてくるような、そんな印象を抱きました。

【福厳寺職員の気づきより】

そろそろ冬支度が始まりました

「坊主丸儲け」って本当?お寺の職員が真実を語ります

関連記事

  1. 今年も、春のアーチができました

    先日の4月8日、朝から福厳寺の境内では元気な声が聞こえていました。隣接する太陽幼稚園の入…

  2. どこまでも奥深く、興味深い国インド

    二月の十六日〜二十五日までネパール・インドへ行って参りました。先住の悲願達成のため仏教八大聖地へ…

  3. のんびり、ゆっくりできますね

    先日の午後、74歳の男性が福厳寺境内の中を散歩されていらっしゃいました。カメラをお持ちで、境…

  4. 福厳寺と竹灯籠

    福厳寺の今年の送り火では500個以上の竹灯籠に火が灯されました。竹灯籠は竹を斜めに切り、その竹の中に…

  5. お仏壇の向きは?

    「お仏壇は北向きに向けない」とよくいわれることがありますが、どこに置いたら一番いいのでしょうか?…

  6. なぜ法事をするの?(動画)

    大切な人が亡くなったあと、残された家族は、一周忌・三回忌・七回忌と法事を行いますが、「なぜ年忌法事を…

  7. 命のつながり

    自分の命の中に、もう1つの命がある。その命がしっかりと自分の意思を持って生きている。とても不…

  8. お供え(御霊膳レシピ)

    お供えするとき、忘れてはいけない大切なことそれは「故人への感謝の気持ち」です。今、自分たちが…

PAGE TOP