お盆のお塔婆は、どうしたらいいですか?

「お寺さんにお盆の施餓鬼法要を頼んであるのですが、お盆のときのお塔婆ってお墓にお供えするのですか?」

先日も、会員の方からお問い合わせのお電話がありました。

福厳寺では明日から4日間、お盆の施餓鬼法要が行われます。

施餓鬼法要終了後、各会員の皆さんそれぞれのお家に、お盆のお塔婆をお渡しします。

3回忌とか27回忌などの年忌法要のときのお塔婆とは、ちょっと異なります。

年忌法要のお塔婆は、法要が終わったらご家族でお墓にお参りし、お墓にお供えします。

けれど、お盆のお塔婆はご自宅へ持って帰っていただきます。お墓には、お供えしなくてよいのです。

なぜならお盆は、ご先祖様をお家へ迎え入れるという意味があるからです。家族みんなが毎日元気に過ごしているお家にご先祖様をお迎えし、お盆の期間を一緒に過ごし、16日の送り火のときにまたあの世へお送りするのです。

お盆のお塔婆目掛けて、ご先祖様が帰ってくるといわれているので、お盆のお塔婆はご自宅へ持って帰っていただきます。

さらに、お盆のお塔婆にはもう一つ、年忌法要のお塔婆と異なる意味があります。

それは、供養をする方の人数の違いです。

年忌法要は、亡くなられた1故人の方のご供養をしますよね。

お盆の施餓鬼法要は、今まで亡くなられたすべてのご先祖様のご供養をします。

ですので、○○家先祖代々諸精霊という文字がお塔婆の表側に書かれています。

お盆のお塔婆は、法要が終了したら大切にご自宅へ持って帰っていただいて、お仏壇の隣にお供えしてください。

賑やかな家族が集まり、笑顔が絶えないところにお供えしていただくと、ご先祖様が微笑みながら、ご家族皆さんを守ってくれると思います。

ぜひ、今年もご家族皆さんで、穏やかなお盆をお過ごしください。

【福厳寺職員の気づきより】

慈縁の会2回目のご報告

お盆のキュウリ馬が現代は・・・

関連記事

  1. 見直されるべきお盆3つの教え(動画)

    お盆になると、盆踊りや、灯籠流し等のお盆の行事が各地で行われますが、そもそもお盆とは何なんでしょうか…

  2. 言葉のちから

    「おはようございます。よろしくお願いします!」朝、お寺に行って初めて職員同士が交わす言葉です…

  3. お仏壇の向きは?

    「お仏壇は北向きに向けない」とよくいわれることがありますが、どこに置いたら一番いいのでしょうか?…

  4. 離檀料はいくらですか?

    「この間テレビで、お寺を変わりたいといったら高額な離檀料を請求されたって聞きまして・・・」先…

  5. 行事報告:秋の彼岸会(平成27年9月13日)

    9月13日の日曜日の午後、少し秋めいてきた穏やかな日差しが降り注ぐ中、福厳寺の彼岸会(慰霊祭)が行わ…

  6. 命の鼓動

    つい先日、12月13日(火)の午前10時過ぎ、予想もしなかったことが突然起こりました。まだか…

  7. お盆ってそもそも何…?大愚和尚にお盆の意味を聞いてみました。

    家族みんなが集まる夏の一大イベントお盆というと、なんとなく家族が集まってみんなでお墓参りをして食…

  8. 「当たり前」に甘えると

    食べるものがあって、仕事をすることができて、家に帰れば家族がいる。一見すると、これはごく当たり前…

“大愚.com“
PAGE TOP