「当たり前」に甘えると

食べるものがあって、仕事をすることができて、家に帰れば家族がいる。

一見すると、これはごく当たり前のことのように思えます。

しかし、これは決して当たり前ではないということ。

このことを、しっかり自覚してくださいという大切なお話を先日、福厳寺住職よりいただきました。

私たちは、とても便利な世の中に生きているので、便利なことが当たり前だと捉えています。

仕事のことをひとつとっても、そうです。

仕事があって当たり前、空調設備が付いていて当たり前、お給料をいただいて当たり前…

これが普通だと思ってしまうと、何も気づけなくなっていきます。

まず初めに、周りが見えなくなります。

そして独りよがりな言動をしたり、自分勝手な行動が多くなります。

すると、途端に周りの人たちへの感謝の気持ちを持てなくなります。

仕事ひとつとっても、本来は周りの方たちがいてくださるからこそ、自分がここで仕事をすることができるのです。

働いているのではなく、働かせていただいているのです。

一歩間違えれば、どんどん自分勝手な方向へ進んでしまいます。

だからそんなときは、ちょっと立ち止まって、原点に返るようにしています。

なぜ自分は、ここにいさせていただいているのだろうか。

何度も何度も振り返り、じっくり考えます。

すると、不思議と凝り固まっていたものが穏やかに、ゆっくりと解けていくのを感じます。

「当たり前」と思うことの恐ろしさ。

心に刻んでおきたいと思います。

【福厳寺職員の気づきより】

戒名を変更できますか?

のんびり、ゆっくりできますね

関連記事

  1. ご先祖さまのことを想う(春香るレシピ)

    ご先祖さまからの大切な合図あなたは、亡くなった大切な人のことをどのような時に思い出しますか?…

  2. お父さんとお母さんの力

    先日の日曜日、五歳の女の子がお父さんやお母さんと一緒にお参りに来ました。難しい漢字がたくさん…

  3. 行事報告:福厳寺の花まつり(平成27年4月8日)

    福厳寺に隣接する太陽幼稚園の子供たちやお母さん方、そして福厳寺の花まつりに是非参加したいという大勢の…

  4. 福厳寺と竹灯籠

    福厳寺の今年の送り火では500個以上の竹灯籠に火が灯されました。竹灯籠は竹を斜めに切り、その竹の中に…

  5. 幻想的な風景に感動を覚えました

    一昨日の8月16日、夕方5時から毎年恒例の福厳寺送り火が開催されました。当初は雨の予報でした…

  6. 行事報告:秋の彼岸会(平成27年9月13日)

    9月13日の日曜日の午後、少し秋めいてきた穏やかな日差しが降り注ぐ中、福厳寺の彼岸会(慰霊祭)が行わ…

  7. 福厳寺のお地蔵様

    手を合わせて、にっこり微笑むお地蔵様。実はこの写真、手作りのお地蔵様なのです。先日、福厳寺永…

  8. 「墓地」を持つということ【愛知県小牧市・春日井市編】

    こんにちは、愛知県小牧市の福厳寺(ふくごんじ)の平野(ヒラノ)です。今回は「墓地」についてお…

PAGE TOP