「強くあること」の意味

福厳寺には、黒のシバ犬「モモ」と、雑種「ウメ」の雌犬2匹がいます。

春のぽかぽかした青空の下、気持ちよさそうにのびのびとお腹を上に
向けてゴロゴロするのが気持ちよさそうな二匹ですが、

先日、ドッグトレーナーの方に来ていただいて、犬のしつけ方について
教えていただきました。

首輪のくさりのつなぎ方によって散歩をする人自身のどちら側に犬を連れて
歩かせるのかということや、きちんと主人に従わせる合図の出し方、リードの
持ち方や引いたり緩めたりする意味、褒める時と叱るときの声のトーンの違い
などについて学びました。

指導をして下さった方は、元災害救助犬のしつけをされていた方です。

犬に対して主人がどのような態度を取り、どのような気持ちで犬と接するか
によって、とても大きな差が生まれますと話していらっしゃいました。

しっかり主人に従わせること、人を噛んだり傷つけたりしないようにしつける
ことはもちろん大切ですが、そのような状況を作るためには、まず飼い主の
人間側が心得ておくことがあるそうです。

それは、「強くある」ということ。

これは、威張るという意味ではなく、犬に対して守ってあげるぞという
主人としての態度と気持ち=覚悟のようなものです。

犬に対してけじめのある接し方をし、きちんと主人に従うようしつけることで、
犬自身が守ってもらえる安心感を抱き、とても落ち着いた状態で毎日を過ごせる
ようになるそうです。

確かに、トレーニング前日までのモモとウメは、お互いに吠えあったり、
いつもそわそわしていたりと、何となく落ち着きがない状態が目立ちました。

けれどトレーニングで教えていただいたように接すると、すごく落ち着いた
時間を過ごせています。

吠えたりそわそわしたりということが少なくなりました。

こんなに大きな差が出るなんて・・・と思うくらい、変化が現れるのですね。

福厳寺に来る前まで犬の散歩が未経験だった私は、大きな変化に驚きました。

人間も守られているという気持ちを感じると安心できるように、犬も同じ
なのですね。

人間と犬との気持ちの通じ合いの大切さを実感した時間でした。

【福厳寺職員の気づきより】

じっくり見ると、気づくこと

娘夫婦のお墓に入るのは、おかしいですか?

関連記事

  1. 行事報告:福厳寺の花まつり(平成27年4月8日)

    福厳寺に隣接する太陽幼稚園の子供たちやお母さん方、そして福厳寺の花まつりに是非参加したいという大勢の…

  2. 行事報告:秋の彼岸会(平成27年9月13日)

    9月13日の日曜日の午後、少し秋めいてきた穏やかな日差しが降り注ぐ中、福厳寺の彼岸会(慰霊祭)が行わ…

  3. 振り返れば、命の温かさを教えていただきました

    2015年の夏、福厳寺へ1頭の雄ヤギが来ました。来たばかりの頃は、ずっと人の方を見ずにエサば…

  4. 「日本のお盆」にかくされた3つの意味

    木蓮尊者のお話は、今を生きている私たちが心がけたい教えを説いた例え話です。私たちは毎日、木蓮…

  5. 忌明法要のときは、何を持っていけばよいですか?

    先日も、会員の方からお問い合わせがありました。墓石屋さんなどからは、山のものや海のものなど、…

  6. 幻想的な風景に感動を覚えました

    一昨日の8月16日、夕方5時から毎年恒例の福厳寺送り火が開催されました。当初は雨の予報でした…

  7. 行事報告:お盆の施餓鬼会(平成27年8月6・7・8日)

    本堂に集まったたくさんの会員さんやご家族が静かに見守る中、夕方6時から総勢9名のお坊さんたちによるお…

  8. 行事報告:転読大般若祈祷会(平成27年1月3日)

    小牧で最低気温がマイナス1度を記録した1月3日、今年も大変な熱気の中、恒例の「転読大般若」がとり行わ…

“大愚.com“
PAGE TOP