「坊主丸儲け」って本当?お寺の職員が真実を語ります

「大きい声では言えないけれど、実際そうですよね?」と思われている方も多いのではないでしょうか。ことわざとしての意味は「僧侶は元手がいらないから、お布施が全部儲けになる」という意味なのですが、なんとなく「お坊さんは儲かっている」と思っている方もたくさんあると思います。今回はそのような疑問に対してお寺の職員が解説したいと思います。

宗教法人は非課税になるが…

宗教法人は、学校法人や社会医療法人と同じく、法人税法上における公益法人として非課税になっています。事業の剰余金配当と残余財産分配ができないから非課税なのです。

しかし、一方で僧侶個人はそうでないことをご存知ですか?

僧侶は、日本国民として憲法第三十条に定められているとおり、納税の義務を負っています。法要や葬儀などの布施収入がそのまま個人の懐に入るわけではなく、宗教法人としてのお寺の通帳に入ります。

僧侶は、給与の中から源泉徴収された残金を生活費としています。僧侶は税制上の優遇はなくサラリーマンと何ら変わらないのです。

兼業僧侶もたくさんいます

「それでもお寺は儲かるんでしょ?」と思われる方もおられるかもしれませんね。

確かに一部の有名な寺院などはお布施の額も高い水準にあると思いますが、一般的な寺院では「儲かっている」という状況とは程遠いのが現状です。

お寺は全国に約7万件あるとされていますが、そのうち財政的に自立しているのは3割ほどだと言われています。そうでない住職は普通に会社員として働いたり、経営者として身銭を稼いでいるのです。

福厳寺のお布施の主な使い道

福厳寺では法要や葬儀で会員の皆さんから納めていただいたお布施は、福厳寺境内の修繕費として活用させていただいています。

福厳寺境内はとても広く、昔からの建物のため修繕箇所がたくさんあります。

近年ですと、福厳寺駐車場の整備や階段の手すりの設置、参拝路の舗装、一昨年に新しくなりました室内霊園千手堂も数千万円という単位でお金が動きました。

感謝の気持ちを込めて、皆さんから納めていただいたお布施を大切に活用させていただき、皆さんがお参りしやすいお寺を目指しています。

【福厳寺職員の気づきより】