「命をいただく」ときに感じること

ハンバーグ、焼肉、ラーメン、パスタ、ケーキ。

これらの食べものには「命」があります。ついさっきまで、生きていた動物たちの・・・

あなたは、考えたことがありますか?

美味しくて、毎日食べても決して飽きることがないこれらの食物には「命」がある
ということを、私も福厳寺の住職にお話を伺って、ようやく考えるようになりました。

よく考えてみれば、肉も卵も小麦粉も、様々な生物の命そのもの。

その命を犠牲にして、私たちは毎日美味しい!と笑顔になっています。

そう考えると、心が痛むことがよくあります。

今日、福厳寺の山へ職員と一緒に竹を切りにいきました。十数メートル上に、
まっすぐ伸びている立派な竹林があるのです。その内の1本をいただきました。

根元に鋸を入れる瞬間、ふと、住職の言葉が頭をよぎりました。

これから、この竹の命をいただくのだということ。

数日後に迫った、福厳寺慈縁の会で使用する、器を作るためです。

食物の命をいただくのと同じように、竹の命をいただいて、私たち人間の
我儘を受け入れていただく。

そう考えると、手を合わせずにはいられませんでした。

目の前の相手だけでなく、私たちの周りには人間以外にもたくさん、
感謝しなければいけないものがあるのかもしれません。

いただく命に対して、感謝の気持ちを忘れない。

最低限、これだけは心に留めておきたいなと思います。

 

【福厳寺職員の気づきより】

福厳寺とご縁を育む「慈縁の会」がスタートします

【慈縁の会】第1回活動報告:温かいご縁がつながりました

関連記事

  1. 行事報告:転読大般若祈祷会(平成27年1月3日)

    小牧で最低気温がマイナス1度を記録した1月3日、今年も大変な熱気の中、恒例の「転読大般若」がとり行わ…

  2. 住職就任のご挨拶

    この度住職に就任しました、高瀬元勝です。福厳寺は、室町時代末期から540年続く東海地方屈指の禅寺です…

  3. お墓を持つことの意味

    今年のお彼岸は晴天に恵まれ、お墓参りをするにはちょうどよいお天気でしたね。お盆が過ぎ、再びお…

  4. 最高の供養とは?

    お寺に行ってお経をあげていただき、家族でお墓参りをして、その後家族や親戚の方たちと会食をする。こ…

  5. カタツムリに学ぶ気持ちの持ち方

    夜に大雨が降った次の朝、ヤギ小屋掃除のため福厳寺の山へ行く途中のことでした。直径10センチはありそう…

  6. 振り返れば、命の温かさを教えていただきました

    2015年の夏、福厳寺へ1頭の雄ヤギが来ました。来たばかりの頃は、ずっと人の方を見ずにエサば…

  7. 「整理整頓」本来の意味は?

    「整理整頓」とは、「きれいに片付ける」という意味だけではないことをご存知ですか?片付けを始め…

  8. 「主人のお骨を納骨したいのですが・・・」|永代供養で救われた女性…

    「35年前に亡くなった主人のお骨を納骨したいのですが、どうしたらよいですか?福厳寺に墓地はありますが…

“大愚.com“
PAGE TOP