「命をいただく」ときに感じること

ハンバーグ、焼肉、ラーメン、パスタ、ケーキ。

これらの食べものには「命」があります。ついさっきまで、生きていた動物たちの・・・

あなたは、考えたことがありますか?

美味しくて、毎日食べても決して飽きることがないこれらの食物には「命」がある
ということを、私も福厳寺の住職にお話を伺って、ようやく考えるようになりました。

よく考えてみれば、肉も卵も小麦粉も、様々な生物の命そのもの。

その命を犠牲にして、私たちは毎日美味しい!と笑顔になっています。

そう考えると、心が痛むことがよくあります。

今日、福厳寺の山へ職員と一緒に竹を切りにいきました。十数メートル上に、
まっすぐ伸びている立派な竹林があるのです。その内の1本をいただきました。

根元に鋸を入れる瞬間、ふと、住職の言葉が頭をよぎりました。

これから、この竹の命をいただくのだということ。

数日後に迫った、福厳寺慈縁の会で使用する、器を作るためです。

食物の命をいただくのと同じように、竹の命をいただいて、私たち人間の
我儘を受け入れていただく。

そう考えると、手を合わせずにはいられませんでした。

目の前の相手だけでなく、私たちの周りには人間以外にもたくさん、
感謝しなければいけないものがあるのかもしれません。

いただく命に対して、感謝の気持ちを忘れない。

最低限、これだけは心に留めておきたいなと思います。

 

【福厳寺職員の気づきより】

福厳寺とご縁を育む「慈縁の会」がスタートします

【慈縁の会】第1回活動報告:温かいご縁がつながりました

関連記事

  1. 雨は良いもの? 悪いもの?

    6月のある日曜日のこと。その日はいつものごとく法要が連続しており、たくさんの方々がお参りに来られ…

  2. 「日本のお盆」にかくされた3つの意味

    木蓮尊者のお話は、今を生きている私たちが心がけたい教えを説いた例え話です。私たちは毎日、木蓮…

  3. 命の大切さを心に刻んだ日

    お寺にいると、想像もしないことに突然出会います。ついこの間のことです。89歳で、福厳寺の受付…

  4. 裏切られるほど、相手を愛おしく思う

    福厳寺の御本尊は、聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)です。一般的に「観音さま」といわれて…

  5. 日々、学ばせていただいています

    「珍しいですね、かわいい!撫でてもいいですか?」法要にみえる方々から毎週のように撫でてもらっ…

  6. 「主人のお骨を納骨したいのですが・・・」|永代供養で救われた女性…

    「35年前に亡くなった主人のお骨を納骨したいのですが、どうしたらよいですか?福厳寺に墓地はありますが…

  7. 青の宝石

    お寺にみえた方を迎える石畳の道の両脇に、ひっそりと輝く青い宝石。先日、バケツに水を汲むために草む…

  8. 実りの季節

    もうすぐ稲刈りの季節ですね。福厳寺がある大草地区の田んぼも少しずつ稲が金色に輝いてきました。…

“大愚.com“
PAGE TOP