「命をいただく」ときに感じること

ハンバーグ、焼肉、ラーメン、パスタ、ケーキ。

これらの食べものには「命」があります。ついさっきまで、生きていた動物たちの・・・

あなたは、考えたことがありますか?

美味しくて、毎日食べても決して飽きることがないこれらの食物には「命」がある
ということを、私も福厳寺の住職にお話を伺って、ようやく考えるようになりました。

よく考えてみれば、肉も卵も小麦粉も、様々な生物の命そのもの。

その命を犠牲にして、私たちは毎日美味しい!と笑顔になっています。

そう考えると、心が痛むことがよくあります。

今日、福厳寺の山へ職員と一緒に竹を切りにいきました。十数メートル上に、
まっすぐ伸びている立派な竹林があるのです。その内の1本をいただきました。

根元に鋸を入れる瞬間、ふと、住職の言葉が頭をよぎりました。

これから、この竹の命をいただくのだということ。

数日後に迫った、福厳寺慈縁の会で使用する、器を作るためです。

食物の命をいただくのと同じように、竹の命をいただいて、私たち人間の
我儘を受け入れていただく。

そう考えると、手を合わせずにはいられませんでした。

目の前の相手だけでなく、私たちの周りには人間以外にもたくさん、
感謝しなければいけないものがあるのかもしれません。

いただく命に対して、感謝の気持ちを忘れない。

最低限、これだけは心に留めておきたいなと思います。

 

【福厳寺職員の気づきより】

福厳寺とご縁を育む「慈縁の会」がスタートします

【慈縁の会】第1回活動報告:温かいご縁がつながりました

関連記事

  1. お盆のキュウリ馬が現代は・・・

    昨日、福厳寺のお盆施餓鬼法要が終了しました。4日間で、延べ850名くらいの家族連れの方たちが…

  2. 雨は良いもの?悪いもの?

    最近はよく雨が降りますね。秋の長雨とはよく言ったものです。台風も近づいているので、心配です。…

  3. いよいよ秋葉大祭に向けて準備が始まりました!

    昨日の日曜日の朝7時半、福厳寺の役員さん約15名の皆さんが、作業しやすい服装で来山されました。…

  4. 運気が上がる盆参りの作法

    もうすぐお盆ですね。13日の夕方、迎え火を焚いて、ご先祖さまを迎え、16日の夕方、送り火を焚いて、ご…

  5. お父さんとお母さんの力

    先日の日曜日、五歳の女の子がお父さんやお母さんと一緒にお参りに来ました。難しい漢字がたくさん…

  6. なぜ法事をするの?(動画)

    大切な人が亡くなったあと、残された家族は、一周忌・三回忌・七回忌と法事を行いますが、「なぜ年忌法事を…

  7. 今年も、春のアーチができました

    先日の4月8日、朝から福厳寺の境内では元気な声が聞こえていました。隣接する太陽幼稚園の入…

  8. 彼岸慰霊祭〜「なぜ、手を合わせてお参りするの?」

    昨日、福厳寺の墓地「第Ⅱ霊園」と「福聚苑」で、お彼岸の法要が行われました。毎年3月と9月の年…

PAGE TOP