「お墓開き」のお供えは?

先日も、福厳寺の会員さんより問い合わせのお電話がありました。

お墓開きは、亡くなられてから1周忌までの間に行う方が多いです。

お墓を建てるには最低でも1〜2ヶ月は余裕を持って、皆さん石材店さんへ依頼されますので、1周忌の法要のときにお墓開きをするのであれば、半年前くらいから計画を立てて相談されるとよいかもしれません。

そして実際に、お墓開き当日の準備についてですが、福厳寺ではこれを必ず準備してくださいねというものはありません。

三具足(みつぐそく)といって、お花、お線香、蝋燭の三つは皆さんにお供えしていただき、それ以外は故人の方が好んでいた物をお供えしてあげてくださいねとお話しています。

お墓を建てた石屋さんに尋ねると、お花、お線香、蝋燭以外にお酒、果物、乾物(椎茸、昆布、わかめ)、野菜(大根、人参、きゅうり、なすなど)なども揃えてくださいねと言われることがありますが、全部揃えなければいけないというものではありません。

生前、お酒が好きな方でしたらお酒をお供えしたり、甘い物が好きな方でしたらお菓子をお供えすると、喜ばれると思います。

お供えするものの基本的な考え方は、三具足のお花、お線香、蝋燭以外に故人の方が好んでいたもの。

このように考えると、亡くなられた故人の方もご家族の方も、気持ちよくお墓開きを迎えられそうですね。

どのようにしたら、亡くなられた故人の方へ今までの「ありがとうの気持ち」をお伝えできるのだろう・・・

そう考えると、不思議と自然にお供えするものも浮かんでくるのかもしれません。

【福厳寺職員の気づきより】

月命日のお参り

「清く、美しく」の象徴

関連記事

  1. 行事報告:秋の彼岸会(平成27年9月13日)

    9月13日の日曜日の午後、少し秋めいてきた穏やかな日差しが降り注ぐ中、福厳寺の彼岸会(慰霊祭)が行わ…

  2. ITを使って人生を楽しく!「パソコン・スマホ部」活動報告

    パソコン部は「ITを使って人生を楽しく!」をテーマに、パソコンやスマホの機能に振り回されるのではなく…

  3. 台風の爪痕から教わったこと

    昨夜、猛烈な雨と風が吹き荒れ、建物が壊れないかとても不安な夜を過ごしました。そして今朝、福厳…

  4. 青の宝石

    お寺にみえた方を迎える石畳の道の両脇に、ひっそりと輝く青い宝石。先日、バケツに水を汲むために草む…

  5. 裏切られるほど、相手を愛おしく思う

    福厳寺の御本尊は、聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)です。一般的に「観音さま」といわれて…

  6. どこまでも奥深く、興味深い国インド

    二月の十六日〜二十五日までネパール・インドへ行って参りました。先住の悲願達成のため仏教八大聖地へ…

  7. 行事報告:福厳寺の送り火(平成27年8月16日)

    8月16日(日)、福厳寺本堂で送り火が行われました。送り火とは、お盆の期間中帰ってきていたご先祖…

  8. お盆のお塔婆は、どうしたらいいですか?

    「お寺さんにお盆の施餓鬼法要を頼んであるのですが、お盆のときのお塔婆ってお墓にお供えするのですか?」…

PAGE TOP